COLUMN




ナンクルなるさん⭐︎

新年を迎えて早くも半月になる。

毎年思っているのだが、新年っていい。

毎年、今までの体たらくなどどこ吹く風で、今年は去年よりいい年になる、と、根拠のない自信に漲っている自分がいる。いや、いた。

決してそんなことはないのに。だ。

だけどもだけっど。

今年は何としても、劇団としても、個人としても何がなんでも良い年にする、いや、なる!と強く思っている。

その為には、だ。

役者としてのお仕事を頂くには、他力も必要になってくる面もあるにはあるのだが、自分の人間力・個人的魅力を高めないと、努力しないと、その先はないよなぁと。

兎にも角にも、今年は自分で出来る努力は、出来るだけやっちまおうぜ!と思っていて…。

からのダイエット。

近年、久しぶりにお会いする方には、ことごとく太った?一瞬分からなかった笑笑。と言われる機会も増えたこともあり。

これでは、フレディマーキュリーではなく、
フトレリーマーキュリーにしかならずで。

あ、フレディーは、うちの高山陽平くんが継いだんだから、いいか。(クオリティーは疑問だけども笑。)

ま、何にせよ、このままではダメだと思っていたので、テコ入れしよう、そうしようと。

テコ入れしたいことと言えば…。

記憶力。

もう、年の所以か、近年ハンパないくらい、物覚えが悪い…というか、思い出せない、or思い出すのに時間がかかる、ようになった。

昨日食べた食事すら危うい状況。

日常的に口にしていないワードは、人名にしろ物名にしろ、関係なく出て来ないor時間がかかる。

ウチの劇団だけでも、こそあど言葉のオンパレードである。

でも、それでも、会話が成立したりするところが、阿吽というかツーカーというか…そんなところが、何かそれはそれで良い。

ま、オッサン率高め集団、なだけなんですが。

あ、九州出身率もか。

そんなウチらが、この度初となる、新人オーディションを開催する。

果たしてどんな可能性に満ちた人達と出会えるのか?

新年から、とても楽しみなのだ。

そして今年は、記憶力のトレーニング…というか、脳を活性化させるトレーニングとして、麻雀を鍛えたいと企んでおります、はい。

あ、いや、麻雀が良い悪いは別として、個人的意見で、とても頭も体力も使う素晴らしい競技だと思っており。

北斗の拳のラオウばりに、

我が生涯に一片の悔いなし!

と、死ぬ間際に、後悔してない人生をと、切に想い、役者の道を歩みはじめ20数年。

個人としても劇団としても、

そろそろこんな感じになろうぜ、と。

これを機にそんな感じにしよう、と。

あんな感じにはならないように、と。

どんな感じが正解かは分からずとも。

あぁ、人生ってヤツは、生きてこそ、なんだなぁ。 なるお。

なんてね。薬師丸ひろこ。

なんにせよアニョハセヨ、劇団メンソウルを、今年も宜しくお願いします!

今年こそはアレがソレでコレがドレかに…という話。
Date: 2022/01/15(土)


謹賀新年2022
全国7〜8人の劇団メンソウルファンの皆様、新年あけましておめでとうございます!
皆様いかがお過ごしでしょうか?
東京は正月から快晴でございます。
久しぶりのコラム登場となります。心は快晴、生活は地味な座長杉本凌士です。


一昨年昨年とコロナによるエンタメ業界には非常に厳しい時期が続き、自分個人としても中止延期になった舞台五本。
ここ二年間「アレッ?俺、東京で何してるんだっけ?」って思う瞬間も多々あったんじゃないかと思います。
ったく、このコロナ騒動いつまで続くのか…。
何とか今年は収束することを願うのみです。


さて昨年は三月に沢山の方々の協力もあり舞台「鼓動」を上演。
しかし次の週からは緊急事態宣言により世の中の全舞台が中止という、他の劇団のことを考えると無事に終えたことを手放しで喜べない状況であった。
有難いことに個人的に映像の仕事は色々頂くことが出来たので、役者としてのモチベーションは保つことが出来ているが、コロナ禍の影響で身辺整理したり、役者業を廃業する仲間解散した劇団などもあって、まさか人生がコロナによってこんなに影響を受けるとは思ってもみなかったという人も多いんではないかと思う。


我が劇団もコロナ感染した役者も何人かいたり、他にも様々な影響があったことは否めないが、コロナによって人生が変えられたと思うのは物凄く癪なので、杉本は、劇団メンソウルは今年も変わらず精進していこうと思ってます。


といいつつ、今のところ劇団の公演予定の舞台はだいぶ先の12月になります。
個人的には8月に大きな舞台に出演予定。(詳細は追ってホームページにて連絡します)
あと自分が企画・監督をしているドキュメンタリー映画を公開します。
メチャクチャいい作品になると思うので期待して下さい。

そして何と劇団史上初の新人オーディションを今月開催です。
どんな意気のいい若者や面白い役者と出会うことが出来るかとても楽しみにしております。

ということで劇団メンソウルは今年も突っ走って行く所存です。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Date: 2022/01/03(月)


どう捉えるか
皆様、こんばんは!
気がつけば11月も残りわずか。
年末が近づいてきましたね。東京もだいぶ寒くなってきました。
仕事が忙しくなってきた方も多いのではないでしょうか?

そして、南アフリカで発見された新たな変異株「オミクロン」!
怖いですね。マジで怖いです。

しかし、まだまだ油断は出来ないにせよ、
昨年に比べればだいぶ過ごしやすくなった今日につかの間の幸せを感じております。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?
どうも!山田諭です。



私事ではありますが、
つい先日歳を一つ重ね、42歳になりました。

「42」

口で言う分には何もないのですが、
こうして文字にしてみると、とても違和感を感じます。

「あれ?・・本当に42年間生きてきたのか?」と。



“こいつは何バカな事を言っているんだ”



皆様はきっとそうお思いかと思います。
分かります。
もし他人が同じ事を書いていたら、僕もきっとそう思うと思います。

しかしですね、
自分の人生何と言いますか、
42歳ってこんなんで良いのかなぁと言いますか、
これまでの人生を振り返ってみても「年輪」みたいなもの節となる要素が見当たらず、
とにかく中身がスカスカと言いますか・・・


「この思いって皆様も同じ・・ですよね?」


つい1人でも多くの方の「共感」を求めてしまいます(笑)


しかし、体は正直ですね。
徐々に老いを感じております。


そんな42歳の悩みがこちら👇
 ■慢性的な肩こり
 ■気がつけば周りが年下だらけ
 ■並んでまで順番待ちする事への抵抗感
 ■寒さに弱い
 ■実はお腹がぷよぷよ
 ■寝起きに「伸び」をしたら肩の筋をやられ、3日間痛みに苦しむ
 ■鳥にフンを落とされる
             

「鳥にフンを・・・」は抜きにして、
次第におっさんの【piece(ピース)】が敷き詰められつつあるようにも思われます。


そしてもう一つ。
これは上記と少し矛盾しており、
決して自分が若いと言いたいのではないのですが・・


 ■歳をとっても見た目と実年齢の差が埋まらない。下手すると開いている。



・・・ような気がしてます。



これですね、
割と切実な悩みでして、
例えば・・


【募集条件:40代男性、お父さん役】


このようなオーディションにはまず呼ばれません。
いや、全く呼ばれた事がないと言えば嘘になりますが、実を結んだ試しがありません。
実際「40代のお父さん」であっても、です。



『お前には説得力がない』



そう言われてしまえばそれまでなのでしょう。
では「年齢不詳キャラ」にすればいいのか?
いや、不詳にするには時既に遅く、残念ながら既に年齢を晒しすぎているようです。


う〜ん、困りました。
滝藤賢一さん(45)がうらやましいです。


あ、決して滝藤さんが老けている言いたいわけではありません。
実年齢よりも上の役も難なくこなし、需要のある滝藤さんを非常にリスペクトしております。




さて、この話はこの位にして。
次のお話しに。


先週の黒木さんのコラムでプロ野球の日本シリーズについて触れていましたが・・



「ヤクルトスワローズ、20年ぶりの日本一!」



ヤクルトの選手の方、球団関係者、ご家族の方、ファンの方、本当におめでとうございます!!
20年・・野村ヤクルト以来ですか?
あの頃はホント強かったですからね!
あぁ感慨深い。


ヤクルトスワローズ、そしてオリックスバッファローズの皆様、感動をありがとうございました!


今年は熱戦続きの本当に面白いシリーズになりましたね!
ファンではない自分も胸が熱くなりました。
きっと同じ思いだった方も多いと思います。

何と言っても
「20年ぶり」というのが素晴らしいですよね!
本当に素晴らしいし、喜ばしいことだと思います。

仮に、毎年安定して強いソフトバンクが優勝しても、ファンでなければ正直そこまでの感動は得られなかったでしょう。
それが巨人であっても。


「ファンでない人でも感動できる」


それは、シーズン開幕前の予想を見事くつがえした「ドラマ」がそこにあったからであり、
そういうモノを人は求め、憧れるからなんだと思います。


 
 “ずっと強い、ずっと勝つ、ずっと優勝、そんなモノの一体何が面白いんだ!
  たまに、このような奇跡が起こるから面白いし、楽しいんじゃないのか?!

  例えオーディションに落ちようが、仕事で失敗しようが、選択を誤ろうが、ライバルに置いていかれようが、結婚していようがしていまいが、そんな事を苦に思うことは全くなく、
  むしろやがて来る「奇跡の瞬間」に備え、自分を信じてあげて、胸躍らせている位の方が幸せなんじゃないか?”



そう考えると、まあまあポジティブな気持ちになれます。
全ては「どう捉えるのか」かと。


「絶品料理を毎日食べるよりも、数年ぶりに食べた時の方が幸せは一潮!」・・ですよね?


どうせなら
「10回中1〜2回位は一般的な予想をくつがえして、感動を与えられるような仕事がしたい」
そう思ってます。


え?確率低いですか?
じゃあ3回にしようかな?・・みたいな(笑)




最後に。
メンソウルでは現在、
初の開催となる「劇団員募集オーディション」に向け、準備を進めております。

募集締切は、来月の12/25!

まだ間に合います!
ご興味のある方いらっしゃいましたら、是非ご応募お待ちしております!!



更にさらに・・!


坪内さんがパーソナリティを務めるラジオ番組
「坪内守の金曜ニコマルラジオ」
(コマラジ/毎週金曜日16〜18時生放送!)
の今週と来週の放送が、坪内さんお休みということで・・

先週より、
団長杉本さんが3週連続でパーソナリティを務める特別ウィークとなっております!

もしお時間大丈夫な方は是非こちらもご視聴頂けたら幸いです!
残り2回の放送は、12/3(金)と10(金)。
何卒よろしくお願い致します!!




それでは、少し早いですが・・・
今年も一年、大変お世話になりました!
このような混沌とした大変な中にも関わらず、変わらずメンソウルを応援頂き誠にありがとうございました!!
心より感謝しております。

まだクリスマスも終わっておりませんが・・


皆様、どうか良いお年を!!
Date: 2021/11/29(月)


プロフェッショナル
今年の10月に野球好きの方から
『今年はプロ野球が熱い!』
と熱心に話を聞いて、10数年ぶりに日本プロ野球に興味を示した黒木俊穂でございます。

なんせ、今年の日本シリーズ出場チームの選手は勿論ほぼわからず、、
監督でさえヤクルトは古田監督、オリックスは仰木監督で完全に止まってます。

色々と調べたら仰木監督は20年前なんですね。。
途中で石毛さんやら岡田さんなんかもやられてたみたいで、、
オリックスファンの皆さん申し訳ありません。
あ、ヤクルトファンの皆さんも申し訳ありません。

流石に、ジャイアンツ原監督、ホークス工藤監督はわかりますが、他の8チームに関しての知識もどんぐりの背比べ。
子供の時に好きだった西武でさえも渡辺久信まで遡らないといけないとは。。

僕が子供時代に現役だった選手達が、監督、コーチに多数就任しており、ありきたりな感覚ですけど自分もオッサンになったなと実感した次第であります。

メンソウルファンの方ですと、高山が野球キャラなイメージあるかと思いますが、僕も小学生の時は野球をやっておりました。
かれこれ30年以上前。

父親が野球をやっていた影響というか、今考えると彼の強い意向により、気づいたらユニフォームを着ておりました。

お世辞にも上手とはいえず、打席に立てば常に三球三振、守りにつけばエラーの山、送球してもスローと『打てない、守れない、投げれない』と逆三拍子そろった子でした。

足だけは速かったので、小学生では殆ど出番のないバント代走要員でしたね。

活躍の場はありませんでしたが、特にコンプレックスを抱くことも無く伸び伸びと野球をしてました。
ま、野球してた記憶よりキャンプや合宿、遠征の記憶が殆どですが。。

中高の部活と違い、学校終わって一回帰宅して、着替えて、練習に向かうという今考えるとめちゃくちゃ面倒なルーティンを良くやってたな、と感心します。

今考えても何をモチベーションに、あんなトチ狂ったスケジュールをこなしていたのか謎です。
途中で辞める子も、引っ越し等を除いて殆ど居なかったので、昔の小学生って素直だったのかなぁ、と感心した次第です。

30年前の宮崎県清武町の小学生に中学受験の概念がある訳もないし、
今と違って娯楽もファミコンくらいしか無かったので、時間の使い方が今とは違うんでしょうね。

練習後にうちに帰って、今ではすっかり無くなってしまった野球中継をよく父親と観てたのですが、
ジャイアンツ王国の宮崎にあって、父親は近鉄バッファローズファン、僕は西武ライオンズファンと、
どちらの球団も宮崎では日本シリーズにならないと放送が無かったので、二人とも冷めた目でジャイアンツの試合を観てました。

何故僕が西武ファンかというと、
親戚に西武選手寮の食堂への納品業者をしてる人がいた→
その伝で工藤や秋山のサインを貰った→
当時西武はめちゃくちゃ強かったので田舎でもそれなりに知名度があった→
勝手に有名人を身近に感じて好きになった→
という流れです。

父親の近鉄好きは未だに謎です。

いきなり話題変わるんですが、今回監督を色々と調べてたら、当時の西武の森祇晶監督の本名は森昌彦っていうらしいです。

って、森監督のフルネーム知ってる人の方が少ないですよね、、

今でこそ、イチロー(鈴木一郎)を筆頭にカズミ(斉藤和巳)銀次(炭谷銀次郎)等のわかりやすいユニーク登録名がいますが、
それらに隠れて、画数等のゲン担ぎで本名の漢字を変更してたり
(例 本名・松井和夫→松井稼頭央)
登録名そのものを変える選手も多いとの事。
(例 本名・石井琢朗→石井忠徳)

パンチなんて選手も居ましたね。

他にもかなり有名選手が登録名と違ってたりするので、気になるあなたは是非調べてみてください。
意外な名選手の名前が出てくるかもしれません。


毎度の様に話があっちゃこっちゃしましたが、今年の日本シリーズ、両チームとも前年はリーグ最下位のチーム。

マグレならクライマックスシリーズで消えてもおかしくないのですが、両チームとも一つも落とさず完勝での日本シリーズ進出。

既に3試合終了してますが、全て拮抗した試合で速報だけでも楽しませてもらってます。

引き続きナイスゲームを期待したいです。

あと、僕の携帯は『プロ』と入力すると何故か予測変換で『プロ焼肉』と一発目に出ます。

Date: 2021/11/24(水)


振り返るが何も無い
皆さん、どうも!

金魚が成長すると鯉になると思っていた、高山です。
緊急事態宣言も明けて1ヶ月が経ち、街に活気が戻ったように感じて嬉しい限りです。
気を緩めず、用心はしてもらいたいですが…


さて、最近の自分はと言いますと、少し早いですが、人生を…いや、今年1年を振り返っております。


1月は、緊急事態宣言2回目、
ヤンキースにいた田中将大投手が古巣の楽天に戻って来たり、
箱根駅伝は、駒澤大学が大逆転で総合優勝、
5万回斬られた男としても有名な福本清三さんが亡くなってしまったり、


2月は、
ミャンマーでクーデターが起きたり、
女子プロテニスの大坂なおみ選手が全豪テニスで2度目の優勝を果たしたり、
医療者のワクチン接種が始まったり、


3月は、緊急事態宣言全面解除、
オリンピックの聖火リレーが福島からスタート、東日本大震災10年、柔道バルセロナ五輪金メダリスト古賀稔彦さん亡くなってしまったり、
劇団男魂第21回本公演赤坂REDシアターにて開幕、


4月は、3度目の緊急事態宣言……
プロゴルファーの松山英樹がマスターズゴルフ制覇したり、
俳優の田中邦衛さん、脚本家の橋田壽賀子さん、お亡くなりになってしまったり、
紀州のドンファンこと野崎幸助さんが亡くなり、元妻が逮捕されたり、


5月は、緊急事態宣言が6/20まで延長……
照ノ富士が2場所連続優勝、
俳優の田村正和さん、お亡くなりになってしまったり、
中西経団連会長辞任、


6月は、9都道府県緊急事態解除…
G7サミット
小林亜星さん、ジャーナリストの立花隆さんが亡くなってしまったり、
中西経団連元会長死去、


7月は、東京4度目の緊急事態宣言……
熱海での大規模土石流で盛り土が問題に、
ハイチでは大統領が暗殺されてしまったり、
東京五輪開幕


8月は、アメリカがアフガンとの戦争終結、
渋谷にて予約不要のワクチン接種に若者が行列を作ったり、
甲子園にて高校野球が始まり、智弁和歌山が21年ぶりの優勝、
東京オリンピック閉幕、そして、東京パラリンピックが開幕、
俳優の千葉真一さん、落語家の笑福亭仁鶴さんが亡くなってしまったり、


9月は、新しく出来たデジタル庁が始動、
自民新総裁に岸田文雄氏就任、
初の女子プロサッカー「WEリーグ」開幕、
全米車いすテニス、国枝慎吾選手、2連覇で8度目の優勝、
大相撲秋場所、照ノ富士が5度目の優勝、
そして、横綱白鵬、引退
30日に緊急事態宣言解除…


10月は、菅内閣が総辞職、
岸田内閣発足、
衆議院解散、
衆院選、自民絶対安定多数、
眞子様、小室さんとご結婚し、皇室離脱、
真鍋淑郎さん、ノーベル物理学賞受賞、
アメリカのフェイスブック社、社名を「メタ」に変更、
プロ野球の松坂大輔投手、斎藤佑樹投手、引退…
人間国宝でもあり、落語家の柳家小三治さん亡くなってしまったり、


よく子供の頃や学生時代と比べてしまい、大人になると、「1年あっという間だな」と決まったやり取りをしてしまっておりますが、まだ11月なのに、こうして振り返るだけでも、いろんな事があった1年だったなとアホなりに考え込んでしまいます。
特に、今更気付いた事なのですが、誰かが答えを出してくれるのを待っていたら,「とりあえずやってみよう!」組に圧倒的な差をつけられてしまうんじゃないかと言うことです。
言うまでもなく、コロナがもたらした影響は計り知れませんが、その中でも、自分なりに考え行動していった方がたくさんいらっしゃったと思います。


自分も表現者の端くれとして、まだまだ勉強、努力不足ではありますが、少しでも成長したい思いで日々を過ごしてはいるものの、YouTubeが主流になりつつある今、年齢に関わらず、いろんなアイデアや行動力を持った方、そして、携帯さえあれば、誰でも動画が撮影出来て、編集まで出来る時代、

世の中はよーい、どん!ではない。

この2年ほどで痛いほど、思い知らされております。
本当にやったもん勝ちなところがあるように思います。

毎日、選択の毎日。

選択を間違わないように知識を付けて、今よりも少しは賢くなろうとしているのに、なかなか難しいのが現状…
自分で難しくしてしまっているのか…


賢い人間にもなりたい。

優しい人間にもなりたい。

強い人間にもなりたい。

ユーモアのある人間にもなりたい。

ごくごく普通の人間にもなりたい。


相変わらず、欲張りな自分がよく分からなくなってきました。



あ、そういえば以前、アントニオ猪木さんの詩集を読んで、この言葉に胸が締めつけられる思いをした事を思い出しました。


      馬鹿になれ
    とことん馬鹿になれ
      恥をかけ
    とことん恥をかけ
    かいてかいて恥かいて
   裸になったら見えて来る
   本当の自分が見えて来る

   そうすれば、本当の自分も笑ってた
    それくらい馬鹿になれ



今日も元気にバイト行って参ります!

はやく、ニンゲンになりたーい。
Date: 2021/11/09(火)


ラジオな時間
長かった緊急事態宣言も明けて、
ようやくひと段階は進んだのかなとは思いますが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

坪内です。

まだまだ以前の日常に戻った訳ではないかと思いますが、
というか、そもそも元の感じには戻らないのではという気もしつつ、
とにかく前に進まないといけないですからね。

と、また書くことが浮かばず何となくマジメな事から始めようと思いましたが、
いい感じのことが言えませんでした、すみません。

ここ何回かそのことばかり書いておりますが、
東京狛江市のコミュニティFM「コマラジ」にてラジオ番組をやらせてもらってから、
なんともう一年経ちました。

毎回メールも沢山いただき、
劇団を応援してくれている方が聴いてくださってたり、
一人で喋ってはおりますが、本当に皆さまのお陰だと感謝しきりです。

毎週その回のテーマというかお題を出させていただき、
メール常連のリスナーさんにはほんとに苦労をかけておりますが、
段々と皆さんのスキルも凄いことになって来てまして笑、
それこそ放送作家さんを何人もお願いしているような状況です。
いただくメールへの依存度が半端ないことにはなってて申し訳ないなとは思いつつ、
お陰さまで非常に楽しくやらせていただいております。

歳を取るにつれ自分自身がそんなにラジオ自体を聴く機会が減ってはおりましたが、
それこそ思春期は「夜部屋にこもってラジオを聴く」というのが楽しみだった自分にとって、
まさかラジオ番組をやらせていただく機会が訪れるとは、
一番自慢したいのはそれこそ少年時代の自分自身へかもしれません。

とはいえ始めて一年やそこらでそんなにうまくやれているはずもなく、
まあ噛みまくるわ漢字は読み間違えるわ、散々な時もありますが
毎回苦労しつつも何とか経験を重ねていけたらと思っている次第です。

ラジオをやっていてもう一つ楽しみなのが選曲です。
テレビ同様、ラジオも基本的には好きなものを自由にかけていいので、
毎回4〜6曲くらい自分で選んで流しているのですが、
元々音楽への造詣が深い訳でも知識が広い訳でも全くなく、
最初は何だか恥ずかしいような、でも格好つけたいようなところもあり、
番組開始当初の頃の選曲なんかを振り返ると、
結果、一番微妙な?感じのやつをかけたりしていて逆に恥ずかしかったりしますが、
音楽自体はもちろん好きなのと、自分が聴いた事なかったりよく知らなかったりしたものをあらためて調べていく過程なんかは本当に楽しいですね。

最近はこのご時世もあって大分疎遠になってしまってますが、
カラオケなんかも嫌いじゃない方だったので、ラジオでのこの作業がその辺の欲求も見事に満たしてくれている気がします。
皆が知らないような曲を歌って微妙な空気になることもありましたが、どうも自分は歌わずとも単にその曲を聴いてもらいたいだけみたいです。ご本人の曲を聴いてもらうんですからそりゃそれに越したことはないわけで。

ただその辺りはラジオも同様な時があるようで、知識の幅もそんなにない割にはどうもヒット曲なんかよりあまり皆さんが知らないような曲にアンテナが引っ掛かってしまい、「1曲も分からなかった」と言われる事もままありますが、カラオケで迷惑かけるよりいいですね。

聴く側として人に知らない歌を何曲も唄われる苦痛も経験していなくはないので、同じタイプの方はラジオが向いてるかもれません笑

ちなみに「今回はキン肉マンの曲を入れたい(どういう回?)」と思った際に、アニメの主題歌などでなく「キン消し数え歌」というかなりマニアックな歌を流したら非常にややこしい雰囲気になりました。なった気がしました。(リアクションが見える訳ではないので)
※プロレスの入場曲だけをひたすらかけるというのはインスト過多で断念しました。

ま、本当の音楽通の方から言わせると「お前のかけてる曲なんて知ってるやつばっかだよ」と言われてる気がしてならない変なプレッシャー?みたいなことも段々無くなってきたので今後も自信を持って知らなかった曲含め、お聴きいただこうとは思っております。
邦楽、洋楽、古い曲から最近の曲までほんと勉強不足で知らなかった名曲がまだまだ多々ありますので!

と、またダラダラ書いてしまってますが、もう一点。
やってる時間が毎週金曜の16時〜18時という、まあ微妙な時間の生放送でして、
だからこそ今聴いてくださってる皆さまには本当に感謝しきりなんですが、
「その時間聴けないのでアーカイブはないんですか」というお伺いもたまにあり、ただ音楽のところで書いた事情が真逆に作用するんですが、皆さんに聴いてもらえるようなどこかに過去放送などをあげたりすると曲が全部権利の問題でアウトなもので、それを抜く編集作業などもせねばならず、さらに個人的には曲込みでお聴きいただきたい思いも多々あるもので考えてなかったのですが。

実は局に「サポーター制度」という、各番組へ月550円?とか払って応援してもらうみたいな制度があるのは知ってたんですが、そんなおこがましい事はまだまだやれないと断っておりまして、ただ先日そのサポーターになってもらった方には放送音源を提供出来ると初めて知り、リアルタイムで聴けない方にも聴いてもらえる手段にもなるので、なるほど、それは考える余地はあるのかなあと。

もしもそんな奇特な方(すみません)が一人でもいらっしゃったらそれは嬉しい限りですので、そういう図々しいお知らせも今後させてもらうかもです(すみません)。

とにかく、歳なのか最近感傷的になる事も多いですが、
この大変な状況の中、ラジオも、もちろん役者の仕事も、やらせてもらえる環境がある事にあらためて感謝しきりです。

劇団もですが、
「続けていくこと」の「大切さ」もあるかと思いますがそれはこっちの言い方でちょっと偉そうな気もするので、
とにかく「続けられること」の「ありがたさ」を忘れずに、
今後も頑張ろうと思いますのでよろしくお願いいたします。


最後に!
現在HPトップにも番組のバナーを入れてもらってますが!
からかいがてらメールでも送ってやろう!と思う方はぜひ笑!
friday@komae.fm
まで件名に番組名「金曜ニコマルラジオ」と書いて、
遠慮なく何でも送ってくださーい!

坪内、助かりますっ!!
Date: 2021/10/12(火)


ナンクルなるさん☆
開幕前に色々とすったもんだあり、開催が懸念されたオリンピック・パラリンピックが無事、事なきを終え、オリンピック・パラリンピックロスも抜けたと思いきや、中秋の名月に金メダルを重ねてしまった今日この頃。

コロナ禍にあり、普段より在宅時間も長くなる上、この先、生きてる間に自国開催は無いだろうという想いから、時間の許す限りザッピングしまくって観戦した。

歳のせいか、至るところで涙した。

開幕前式で感動の涙し、男子バスケには悔し涙し、女子バスケには嬉し涙し、卓球混合ダブルスでは驚きの涙し、ソフトボールの上野選手に貰い涙し、と他にも様々な競技・色々なシーンで心が動かされた。

パラリンピックでは更に。

卓球のエジプト代表の選手。幼い頃の列車事故により両腕を失った為、ラケットを口に咥えてのプレー。残念ながら予選敗退となったが、努力の素晴らしさに心打たれた。

ボッチャという競技で、障害の重いクラスでは、自分でボールを投げられない為、「ランプ」と呼ばれる投球補助具(勾配具)を使ってボールを転がすのだが、選手の指示でその補助具をセットするアシスタントの方が選手の母親だったりするとの解説で涙した。

車イスバスケでは、金メダルまでもう一歩という素晴らしい内容・結果に大感動させて貰ったのだが、ベテラン勢が多い中、20代前半の選手が活躍してることも感慨深かった。
好きな漫画『リアル』(車イスバスケが題材)の影響が多大だが、若くして車イス生活を余儀なくされても、前を向いて苦しみも哀しみも乗り越えて頑張っている姿に、勝手に親戚のオジサンの気分になって手に汗握って応援して涙した。

コロナ禍で選手の皆さんは、色々と大変だったと思いますが、個人的には開催されて良かったと思っている。経済的には、残念だったかもしれないが…。

でも、日本だったからこそ、この状況下で開催出来たと誇っても良い、ボランティアスタッフの皆さんも含めて、素晴らしいオリンピックだったと思った。

そんなアスリート達の凄さの余韻が抜けた頃、又別の意味でのアスリートを目撃してしまった…。

事の詳細は省かせて頂くが、座長・杉本の計らいで、あのレジェンドアイドル・SEIKO MATSUDA 松田聖子さん、いや、聖子ちゃんの40th(正確には41年だが、オリンピックと同じ理由で) LIVE、いや、コンサートを鑑賞した。(どちらもご本人が仰ってたので、そのまま引用させて頂いております。)

最近、CMでお見かけし、ホントこの御人は幾つになっても(実年齢知らないけど)、かわいいなぁ〜、人生で一目でいいから生聖子ちゃんを見てみたいなぁ〜と、思っていた矢先のことで。
まさに願ったり叶ったり、である。

で、だ。実際、目の当たりにした感想はというと…、ホンッッッッッッッッッとクヮワイイ♡

美しいとか綺麗とかよりも、クヮワイイ♡のだ。

41年間、第一線のアイドルとして牽引してきたオーラが、アリーナ席でも感じられた。

歌も上手かったしね。

正確なセットリストは把握して無いが、半分くらいは懐メロで歌ってくれたと思う。

知ってる曲は、このご時世なので、声に出さない程度に気持ち良く歌ったのだが、ふとあるフレーズで思考が止まってしまった。

ピ・ン・ク・のモ〜ツァルト〜♪

ピンクのモーツァルト⁈

ってどういうこと?と。

聴いてた当時はあまり気にも留めなかったが、改めて聴くと、どういうこと⁇と。

思わずLIVE、いや、コンサート中にも関わらずググってみたら、作詞の松本隆氏の遊び心の様なのだが、今改めて思い返してみたら、アイドルの歌で、なんじゃこりゃ?みたいな歌詞は当時、いっぱいある。

マッチこと近藤真彦さんの『ギンギラギンにさりげなく』(ギンギラギンにさりげなくってどういうこと?)や、トシちゃんこと田原俊彦さんの『NINJIN娘』(1本でも2本でも、3本でも5本でもニンジンで、後半では、白けりゃ ダイコン 、黒けりゃ ゴボー 、緑色なら ピーマンさ〜ッて、緑ならもぅピッコロ大魔王ですから〜!ちなみに、改めて調べて、初めてニンジン娘の表記がアルファベットってニンジン、いや、認識した。)

近年では1番長い年号で、混沌とした時代を経た昭和。

その頃のカリスマ達には、そこに在る、存在するだけでオッケー的な、圧倒的な存在感があったのだろう。

聖子ちゃんのコンサート時、自分達の目の前の女性が、マスク越しでも分かるくらい、楽しそうに嬉しそうに、ノリノリで鑑賞しているのを見て、隣の席の座長が、こんなに人を幸せにする力って素晴らしいし、こう在りたいと呟く。

翌日、惜しくもニアミスってしまいましたが、倖田來未さんも鑑賞され、「自然に自分がマスクの中でニコニコしていて、こんなに幸せを頂いて幸せだーっ!という感じでした。」「私も幸せを届けたいなと改めて感じました!」
とInstagramで述べる。

自分も表現者の端くれとして、良くも悪くも、皆さんの力になりたらいいなぁと。

アスリートならぬ、明日、ニートにならないよう、頑張りたいと思います。

追伸…マッチが、肉体改造してムキムキになり、マッチョで〜す!と復帰したら、自分は受け入れる所存です、はい。

ハッとして ググってみて…という話。
Date: 2021/09/23(木)


未来
まだまだ厳しい暑さが続いて入りますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?


先日、早朝散歩をしていたら、ツクツクボウシが鳴いているのを耳にしまして、
秋の気配を感じました。

大塩ゴウです。

日の出の、オレンジ色くらいの周波数の光を見ると、17時間後くらいに『メラトニン』
と言う物質が出て眠くなるそうです。

だから疲れたからとか、何をしたからとかの問題ではなく、
朝何を見たかによって、眠りが作られるそうです。


え〜さてさて、40半ばに差し掛かって来ますと、
何かと人生を振り返って見る事が増えて来ました。

そうした場合大概は、あ〜あの時こうしておけば良かったなぁ〜だとか、
おの時は何で、あんな事やっちまったんだろぉ〜だとか、
何だか気分が暗くなって来て、どうもいけません。


人間やっぱり、未来に目を向けないとダメでございますね。
成長しません。


わたくし、YouTubedeで『近未来』って検索してみました!

かつて栄光を欲しいがままにして来た日本企業は、世界に見る影もなくなりつつあります。
しかしそんな中で、いまだ世界に存在感を示し続けている日本企業の代表!

『TOYOTA』が世界に先駆けて凄い事をしようとしているではありませんか!

今から26年前、ボクは走り屋をやっておりまして、
初めて購入した車がTOYOTAの『スープラ』でした。
余談した。完全に。すみません。

TOYOTAがやろうとしている凄い事。

それは『自動運転実験都市構想』です。

IOT技術などを駆使して、人、物、サービス、移動、などありとあらゆるモノが
インターネットで繋がった都市を実験的に構築しようとしているのです。

その名も『ウーブン・シティ』

富士山のふもとにある子会社の工場跡地で本格的な建設が始まっているんです。
『イーパレレット』ってご存知でしょうか?

自動運転車両のお店であります。
例えば洋服を買おうと思って電車に乗ってお店に行かなくても、
スマホで呼び出して洋服屋さんがバスの様な自動運転車両でやって来るんです。

街には信号機も無ければ、電車もありません。全て自動運転車両でありますから。
朝の通勤ラッシュもないんです。
もっと言えば、交通事故も、飲酒運転もなくなるんです。
免許証も無ければ、自動車学校も無くなるんです。

そうなると電車内での痴漢もないんです!電車がないんですから。

『それでもボクはやってない』
って、素晴らしい映画がありますが、
未来の子供達が観ると、ちんぷんかんになるんでしょう。

『おじいちゃん!電車ってなぁ〜に?』なんて孫に聞かれる時代がやって来るんです。

『おじいちゃんの若い頃には電車って言う乗り物があって、
朝の通勤ラッシュの時によく痴漢があったもんだよ〜懐かしいなぁ〜』何つって。

『特に埼京線は酷かったなぁ〜』って。


これまでの歴史を見ると人の移動は、人力から馬車になり、蒸気機関車になり車になり
電車が出来て、新幹線。
飛行機で空を飛んだりして来ましたが、

ついには自動運転になり、移動せずともお店がやって来る
とい時代がもうやって来るんですね!

ワクワク致します。
ボクが驚いたのは、TOYOTAが言っているのは、10年後の計画らしいっす!


新しいモノができて来ると当然、」無くなっていくものもあります。


『あ〜もう、終電無くなっちゃったねぇ、しょうがないから、
 ちょっとホテルでも行こうっかぁ。いやっ、何もしないよ!何もしないよ!』

なんてセリフも消えて無くなっていくんです。

しかし無くなっていくものを、寂しく考えるよりも、
新しく生み出されていくものを明るく楽しく未来をワクワクしていく事の方が、
凄く素晴らしいんじゃないかなとボクは考えます!


今年、わたくし大塩は『離婚』致しましたが、、、
と言う事は、この先!!
『再婚』と言う素晴らしい事が、あるかもしれない訳であります!!

未来は素晴らしい!!!


それでは、」皆様、ご機嫌よう!!
Date: 2021/08/30(月)


過去のコラム/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND


WEBLOG


PAGE TOP