COLUMN




バトンタッチ〜続き〜
はい。清田悠聖からバトンを受けとりました。

メンソウルの「ダンゴムシ」横山です。

正直、ダンゴムシをなんで使ったのかは僕自身が理解しかねています。

頭の片隅に誰かが使っていたのを記憶していたんだと思います。

清田が劇団員の紹介を自分目線で紹介しており、言葉のchoiceを慎重になったに違いありません。
ですが、山田先輩の了解が得てるらしいので続きを書いていきたいと思います。
くれぐれもクレームは山田先輩にしていただきたいと思います。
僕は山田先輩から了解されてませんが…


山田諭さんは常に明るく、皆と居るときは必ず一度は話の中心に居る方です。
弄られても返しが秀逸で天性の人たらしではないでしょうか。
飲みの席でも話してない方に話しかけ相手のフィールドに素早く入り込んでいき打ち解ける。
まさに天性の人たらしではないのでしょうか。
会議の時は色々とアイディアをだし、経営戦略の頭に立っています。
諭さんの存在は後輩にとってはとても頼りになり、色々と話しやすい先輩です。
僕は真似は出来ませんが手本となる方だと思ってます。

新晟聡さんは同期の一人ですが、
「お前は聡を同期だと思うな」と杉本さんから言われるほど同期の中では群を抜いてます。
いや、群を抜いてるみたいです笑
声も良く、存在感があります。
唯一のサラリーマン経験者ともあり、頭が多分良いと思いますし、たまに知的な立ち振舞いを魅せたりします。
ただ、天然です。頭の悪い僕でも理解出来る事でも全く違った捉え方をしたりします。
この前は画鋲をハエと間違えてましたし笑

清田悠聖はイケメンの部類になるみたいで劇団では二枚目になるみたいです。
闘争心があり根性もあり、何よりも努力家な悠聖は誰よりも稽古をし休まない真面目な部分も持っています。
役者の鏡の様な人なのではないでしょうか。
確かに飲みに行くことも少なくなり泊まりに行くこともなくなりましたが僕は仲良しだと思ってます。
その証拠に悠聖の自宅に泊まった際に勝手に洗濯機に靴下を何足か入れておきました。
今では、悠聖も気付かず俺とお揃いの靴下を二足使っています笑

スラッとしたモデル体型の黒木俊穂さんはこんなに健康に気を付けてる人は僕の周りにはいません。
ふとした時に見るといつもナッツを食べてますし、チョコレートでもカカオが沢山入っていなければ駄目みたいで、体型が超絶スリムなのに糖質制限しています。
お洒落も好きみたいで高級な洋服も沢山持ってます。
今までどれ程の服を黒さんから貰ったか分かりません。いつも本当に助かってます。
健康の事もそうなんですが色んな事を本当に良く知っています。
是非、健康が気になる方は聞いてみて下さい。

さて、高山陽平君は新人ながらも今回の舞台のチラシにも載っている男。
持っている男。
自宅にも沢山の戯曲の本を持っており、勉強熱心です。
多少、おっとりとしています。
身長が高く、筋肉質なので女性が好きなタイプなのではないでしょうか。
優しい性格です。
あとはどんな人なのか感じ取って頂ければ幸いです。

さて、今日からメンソウルの舞台が始まります。
若手と中心とした舞台になっております。
清田、新晟さん、高山がメインになっております。
3人をはじめ劇団員を注目してください。

満席の回が増えてます。ありがとうございます。

ヴァイブス高めで頑張ります。

しかし、劇団員の事を書くのは何か照れ臭いです。決して悪い意味で書いてはいませんのでご了承下さい。
Date: 2018/10/10(水)


【緊急】本番直前メンバー紹介

清田悠聖です。

人生においてこんないい役に出会える事があるのだろうか??いやっない。

今月本番の劇団男魂第18回本公演『 髭王』に向けて現在稽古に励んでおります。
自分の限界を突破すべくもがいております。


僕も劇団に入り3年目を迎えております。前回のコラム担当の新劇団員の高山さんとちょっと前に入った黒木さんが増えて、僕自身新人とは言えなくなってきております。

今回のコラムを書くにあたり、舞台本番が近いということもあり、自分のエピソード的な思い出的な事を書くのはもったいない気がして、悩みに悩んだ結果、せっかくなので劇団員の事を僕目線から紹介させて頂きます。

僕が劇団に入る前からのメンソウルファンが多くいる中、僕ごときがそんな事を書いていいのだろうか??先輩方に怒られないだろうか??っと心配になり山田先輩に相談したところ、
『 俺が責任をもつ』っと男前な返答を頂きました。
なので、今回のコラムのクレームは山田先輩にお願い致します。全部山田先輩が悪いです。

先ず最初に、劇団において脚本演出をされている「愛すべきダメ男」をテーマに揚げる演劇団体劇団男魂(メンソウル)のボス、杉本座長について書かせていただきます。
初っ端座長のことを僕ごときが書くなんて恐れ多すぎるので、コラムの題材変えようかなと悩みましたが、山田先輩が責任をとって下さるので踏みとどまり進めさせて頂きます。
座長はものすごくかっちょいいです。
男気がありまくり、『男』というよりも『漢』です。演技も演出も脚本も人柄も大尊敬しております。
先々月、新国立劇場のオペラパレスで脚本演出をされており。すんごい方だなと改めて思い知らされました。
芝居においても日常生活においても僕に対しお叱りを含め愛のあるお言葉を下さります。
僕は歳を重ねるに連れて怒られる事は間違いなく減ってきているのですが、しっかりと叱って頂けるので本当に感謝です。
普段はよく下ネタで劇団員を笑わせてくださります。まれにジェネレーションギャップにより僕だけ理解出来てないこともありますが。
座長に対しては尊敬と感謝でこのコラムが終わってしまいそうなのでここまでにさせて頂きます。
ただ、ひとつこの場を借り伺いたいことがあります。
劇団に入り違和感を覚えた劇団のルールがありまして、座長がオナラをすると劇団員みんな『 ありがとうございます』っと言うルールがありるのですが。
これはなんなんでしょう?


続きまして、副座長坪内さん。
坪内さんと僕は同じ福岡出身なのですが、それだけではなく同じ小中の先輩です。
僕は東京に来て10年経つのですが、東京で出会った小中の先輩はこの方だけです。
実家もお互いの家に歩いて行ける距離です。
坪内さんがいなかったら劇団に入れて無かったかもです。。。
劇団のポジションとしては、キン肉マンで言うとテリーマンです。本人はロビンマスクが好きだそうですが。
芝居も大尊敬ですが、ほかの劇団の仕事もスマートにこなしており常々僕は頭が上がりません。
スマートで思い出したのですが、坪内さんはずっとガラパゴス携帯を使ってたのですが最近スマホに変えました。御本人には伝えておりませんが僕は坪内さんはずっとガラケーをパカッとあけて電話対応をする坪内さんでいて欲しかったです。。。
声の仕事も沢山されておりラジオではよく坪内さん声が流れます。
僕は技を盗むべく日々勉強させて頂いておりますが、如何せんレベルが高くなかなか盗めておりません。
カラオケでは、よく山下達郎のライドンタイムを歌ってるイメージがあると同時にその次の日は声を枯らしているイメージもあります。
来年は日本最高峰の団体でシェイクスピアのヘンリー5世に出演とか凄すぎです。早く本番をみたいです。


沖縄出身ナンクルなるさん☆でお馴染みの仲田育史さん。
ナルさんと呼ばせて頂いております。
僕は劇団男魂のDVDをみて感銘を受け入団させて頂いたのですが、そのきっかけになった作品でナルさんがフレディマーキュリーの真似をするシーンがありました。
その印象を払拭出来ないまま実物の普段のナルさんにお会いした時の衝撃は今も覚えております。
『 別人やん、役者ってすげー』っと素直に思いました。
今回の「髭王」の稽古でも改めて思い知らされております。
映画『 勝手にふるえてろ』でもフレディ課長で評価されており。
最近も朝ドラに出演されており、そんな方と同じ劇団だなんて誇らしく思っとります。
あと、ナルさん本人にはお伝えしておりませんが、最近さらに筋肉が凄いです。
是非、皆様『髭王』をみる際にナルさんの筋肉もじっくりとみていただきたいです。


大塩ゴウさん。
笑いの天才だと常々思います。
舞台上でも日常生活でも面白く、どんな役も面白いキャラクターにしてしまいます。
日常生活の出来事を話しても面白いです。
そんな中『 闇金ウシジマくん』では、スキンヘッドのヤクザ・柏木役を演じており振り幅半端ないです。
尚且つ、男魂では1番TVCMに出演しております。
僕を含め若手のテンションが低い時など、それを察して優しく励ましの言葉を掛けて頂きよく救われております。
ありがとうございます。
ここ1ヶ月ほど気になってるのですが聞けてない事があります。
僕は最近シャーペンを無くしました。コンビニで売ってる1番安いものです。
あのー。。。今ゴウさんが今使ってるシャーペン。僕がなくしたそれだと思うのですが??
濡れ衣なら申し訳ございません。
山田先輩フォローお願い致します。


次は、今回のコラムのフォロー担当兼クレーム受付窓口の山田先輩を書こうと思ったのですが何も浮かびませんでした。
すみません。嘘です。
本当は1番書きやすいのでたくさん書きたかったのですが、なかなかの文字数になっておりましたので紹介する残りのメンバーは次のコラムの方にバトンタッチする事にしました。

なので、メンソウルのダンゴムシこと横山さんの事を書かせていただきます。
本人がこのフレーズをコラムに使ってたので引用してみたのですが、やはり僕的にはあんまり面白いと思わないですし、なんのこっちゃわかりません。
横山さんすみません。
フォロー先輩山田お願い致します。
あっ失礼、かみました、山田先輩フォローお願い致します。
横山さんは聡さんと僕と同期です。
横山さんは昔、よく僕の家やら聡さんの家に泊まったりしておりました。
朝まで飲んだり語り合ったりしておりました。
最近は泊まりは皆無になり、飲みは激減しました。
時の流れがそうさせたのか、不仲になったのか分かりませんが僕は仲良しだと思っております。
売れている役者が、駆け出し時代に家賃の安い風呂無し家に住み苦労をした的な美談をよく聞きますが、その駆け出し時代ばりの環境下で横山さんは生活しおります。
芸術家的な表現に全てを掛けているかのような生活をしております。
なので、劇団員の中で1番大成する説があったりなかったりします。
そんな横山さんも今年は1本TVCMに出演しております!DAIGOと共演しております。凄いです。
そして、横山さんは最近DOLCE&GABBANAのメガネからコンタクトにイメチェンをしました。
今年、横山さんに何かが起こるかもしてません。


そんな頼もしく尊敬する先輩方々、紹介できてないメンバーを含め劇団員だけが出演する舞台『髭王』。
しかも、この公演を番外ではなく本公演という形で若手の僕達がメインをはらせて頂きます。こんなチャンスはもう無いかも知れません。尊敬すべき先輩方の胸をかりつつもしっかりと心に響く、今後に繋がる作品にしたいと足掻いております。


完売している回も出てきておりますのでご予約はお早めにお願い致します。


『 髭王』を劇団メンソウルをよろしくお願いいたします。
Date: 2018/10/01(月)


ご挨拶
男魂ファンの皆様、そして僕をご存知ない皆様、初めまして。

この度、劇団男魂に新しく入団致しました、熊本県出身の29歳、高山陽平と申します。

元高校球児です。
元高校球児だけに、野球をはじめ、スポーツは全般大好きです。
小学校で、中田英寿に憧れてサッカーを始め、イチローに憧れて野球を始めました。

一応、高校三年の熊本県大会は決勝まで進み、甲子園あと一歩のところまで行きました。僕はベンチでしたが。

甲子園といえば、今年の第100回大会、本当に見応えのある試合がたくさんあったと思います。
その中でもやはり、金足農業の吉田君は本当に素晴らしいピッチャーだなと思いました。
テレビでやっているのを見たのですが、ボールのノビを示す縦変化という指標があるんですが、プロ野球の平均は44cmにたいして、吉田投手は高校生ながら既に平均53cmという数字を叩き出していました。
まさに、漫画のような、ワンバウンドすると感じたボールがストライクになるのは、この驚異の数字が物語っているようです。
元高校球児として、こんな質の高いボールをバッターボックスで見てみたいものです。

すみませんご挨拶のつもりが話がワイルドピッチならぬ脱線をしてしまいましたが、
そんな未熟者の自分が今回の劇団男魂の公演チラシにデカデカと載せて頂いております。

題名は「髭王」です。
内容は是非楽しみにしていただきたいですが、あの髭は自分の実物の髭ではありまして、早速イメージに使っていただいて驚きと恐縮ですが、本当に有難い限りです。

スポーツばかりやっていた自分が、仲代達矢さんの「切腹」という映画を見て役者の世界に憧れて、その後いくつかの養成所を経て現在に至ります。

そして今回、男魂に入って初めての公演が、劇団員のみの初の本公演ということで、自分にもとてもやりがいのある役を与えてもらい、本当に楽しみで仕方ありません。
座長の凌士さんは無名塾さんの舞台を演出もされていて、勝手に色々な縁を感じております。

本番まで残り二週間。

絶対に面白い舞台になることを確信しつつも、もっともっと自分も精進して、金足農業の吉田君のボールのノビとまではいかなくても、出来る限り質の高いお芝居を、お客様にお届け出来るよう、頑張っていきたいと思っています。

自分が言うのもおこがましいですが、今後も劇団男魂、そして恐縮ですが高山陽平も、何とぞ宜しくお願い申し上げます。

では、初日は完売してしまったそうでありがたい限りですが、まずは10/10〜14の第18回公演『髭王』、中野劇場MOMOにてお待ちしております。

是非ともご来場頂けると幸いです。
Date: 2018/09/25(火)


攻め
暑さはまだまだ続いておりますが、9月も10日を過ぎ、今年もあと4ヶ月切りました。
年末の足音が聞こえると言ったら気が早い感じもしますが、来年のカレンダーの予約が始まったそうです。

あれだけ暑い暑いと鬱陶しかった夏も、終わりをむかえるとなると寂しさを覚える劇団メンソウルの隠れ夏男、黒木俊穂です。

何と言っても、今年の夏はスポーツ盛り上がりました!

前回の私のコラムにも書きましたが、
ワールドカップ!
四年毎にやってくる、神の手を持つ男マラドーナが今回も楽しませてくれましたね!

100回記念大会となった甲子園でも数多くのドラマが生まれました。
松井秀樹氏、桑田真澄氏の始球式に往年の野球ファンも感涙でしたでしょう。。

その他にもアジアカップ。
直近ですと、セレーナウィリアムスが決勝でブチ切れたUS オープンに朝からテレビに釘付けの方も多かったのではと思います!

因みに僕も色んなスポーツが好きなのですが、中々テレビ観戦する時間が無くYouTube、SNSで結果だけチェックしております。

先日も海外サッカーリーグが開幕し、サッカーのゴールシーンだけでも観ようかと思い、YouTubeを開くとオススメ動画に見慣れぬチャンネルが。

NHK「みんなで筋肉体操」

サムネイルには何故か武田真治さん。
貧弱キャラを脱却すべく地味に筋トレ好きな私、早速観てみる。

いきなり赤いピチTを着た筋肉指導?の、谷本道哉さんに軽くおののく。

そして、ラジオ体操よろしくアシスタントは三人。
まず、俳優、武田真治さん。

二人目は弁護士、、、え?弁護士?の小林航太さん。。だれ?職業書く意味アル?

えー、そして、、、庭師?
筋肉番組に弁護士ってのも違和感あるが、にわし?
まぁ、皆さん直ぐ筋肉体操を観て欲しいのだが、絶対二度見するはず。
庭師、村雨辰剛さん。

んで、、筋肉指導の谷本さんの解説、指導と共に、様々な部位のトレーニングをアシスタントの方々がお手本を見せつつ紹介していく。
音楽も、演出も秀逸。
攻めてます。
負けてられません。

ネットで検索かけると僕が知らなかっただけなのか、結構ザワついている。
「とにかく自分に甘えない」
色んな意味で胸に刻みたい言葉です。


毎度ながら支離滅裂なコラムとなりました。。
あ、このコラム読まれてる方はご存知かと思いますが、いよいよ来月劇団メンソウルのステージです。
毎日男だらけで稽古に臨んでおります。
毎度ながら最高の舞台になる予感しかしません。
皆様のご来場心よりお待ち申しあけマッスル。

キーン肉、肉肉、キーン肉マーン♪
Date: 2018/09/11(火)


善意と悪意の行く先は
あっという間に8月も終わろうとしていますが、
今年の夏はほんとにキ○○イみたいに暑かったですね…。
この夏でついに40代ゾロ目になりました坪内です。

先日新幹線に乗ったのですが、
前の席の割といい歳したカップルが、早速携帯で話していた。

タバコでも何でも色々と言われる昨今ですが、電話程度のモラルもそうそう浸透してないなあ、始発の東京駅でまだ発車前だからいいのか?いや多分そういう問題じゃないよなあ、ちょっとデッキに行けば誰にも何とも思われないだろうに、などど思いつつ、何となく耳に入ってくる電話の内容を聞いていると、しかもどうやら何処かに何かのクレームの電話を入れているらしい。

それ今やらなきゃダメなの?いやそういう問題でなくデッキに行け。
しかもどうやら女の為の何かのクレームを男がかけてやってるらしい。
時々交代しながらグダグダと何か相手に文句を言っている。
もちろん発車後もやめる気配はない。

うーん。さすがにちょっとイライラして来た。当然全く丁寧ではない口ぶりに関係ないのに何だか気分が悪いし、しかもこの状況で、さらに一人ではなくどっちかが指摘出来るにもかかわらず、二人して嬉々として周りを全く気にしないこの感覚。

どうなればこういう生き方が出来るようになるのか?
こういう人種がいるから戦争が無くならないのではないか?
いやこの自分の他人への否定感もその端緒になるのか?
などと無闇な哲学モードに入っていると、そのカップルは大して遠出するでもなく新横浜?あたりの20分くらいの距離で早々に降りていった。

いやいや。早くいなくなってくれたのはいいが、ひどい。
確実に降りてからでいいでしょうがそれは。

何にしろいなくなってくれたのはありがたいので、
さ、ゆっくり本でも読もうかと思っていたところ、
すぐに同じ席に小さな子供を抱えた若い夫婦らしき方々が乗ってきた。

しばらくすると、先ほどのクレームカップルの女がいた席に座っていた、
子供を抱っこした奥さんらしき方が何やら騒ぎ出した。
「席が濡れている」といってるようだ。え?マジで…?

どうも結構な量の、しかも多分コーヒーが座席にこぼれていて、
お尻や背中あたりまでがっつり濡れてしまったようなのである。

いやマジで?これはひどい。最悪だ。
おそらく先のクソバカップルが何か飲み物をこぼしたうえ、
何の処理もせずに降りたままだったらしい。
そんなそぶりは後ろにいて気付かなかったが、さっきの短い時間でそんな事までしていたのか?いや多分それ以外ないだろうし、まさかそれで早々に降りたのか?とすら勘ぐってしまう。

写真でも撮ってネットに晒してやれば良かった。
そんなSNS的な事は全然やってないので具体的な手段が分かりませんが。

すぐ乗務員さんを呼んで拭いてもらったりしていたが、
それで済む程度では無いらしく席のシートごと交換してもらっていた。

いや可哀想すぎる。行きか帰りか分かりませんが、
家族でどこかへ向かう楽しい道中(かどうかは分かりませんが)の新幹線で、
速攻で他人のせいでコーヒーまみれにされたらたまったもんじゃない。
しかも文句を言う相手すらもういない。理不尽すぎる。

「ひどいですよねえ。最悪のうんこ野郎たちだとは電話の態度でも思ってたんですが」くらいのことを話し掛けたくなったが、そんな事をしてもあれだし、やめといた。

と、ここまでは心底同情していたんですが。

旦那さんの方がどうにも怒りがおさまらないのか、
その乗務員さんへずーっと文句を言っている。

乗務員さんの方も「申し訳ございません」と平謝りしてるのだが、
なぜこんな状況を対処してないんだ?誠意を見せろ的な事をくどくどと言っている。

いや気持ちは分かりますけども。誠意…?

自分だった場合を考えても「あのー、これは、こう言う場合は、クリーニング代的なものは何か出たりするのですか?」と聞きたくはなるかもですが。

しかしこれは乗務員さんも気付きようがないだろうし、
もちろんあんなクソバカップルがいたのが原因でそれが一番悪いがもういないし、
そういった場合の規約とかがあれば対処もしてもらえるかもですが、
責任がどこへ向かうべきなのか?はよく分かりません。

小一時間とは言わないまでも、多分30分くらいは引き止めて文句を言っていた。
長い。段々乗務員さんが可哀想になると同時に、なんか切なくなって来た。

しかしこの日の新幹線では、さらにまだまだ考えさせられる事になる。

お盆時期で混み合って来た車内に、
今度はおばあちゃんとお孫さんと思われる二人が乗って来た。

…が、えらく長くなったので次回後編へ続いていいですか?


ということで、初の試みなもので、
何事も無かったかのように後編が無かったらすみませんが、

その前に!こちらもお待たせしておりますが、
いよいよ来月に迫ったメンソウル10月公演の詳細も、
間もなくアップされると思いますので少々お待ちください!

本公演としては初?の!
劇団員のみの濃い公演になる予定でございます。
こちらは是非お楽しみに!
Date: 2018/09/01(土)


ナンクルなるさん☆
暑い…。年々、暑くなってきてはいるが、今年は、異常に暑い…。
これが今後、今年も〜、となっていくのだろうか?

聞くと、日本だけでなく世界的にも異常気象が続いているようで、米国では、カリフォルニア州で最高気温52度となったほか、ロサンゼルス近郊でも48.9度を記録したらしい。

これにはDA PUMPの『U.S.A』の熱い盛り上がりも関係してい…るわけがないな、うん。
沖縄県民としては、この盛り上がりは喜ばしく、これからも活躍して欲しいなぁと。

閑話休題。

皆さんは、『スーダン』という名のキタシロサイをご存知だろうか?

ケニアの動物保護区で保護されていた、キタシロサイ最後のオス、スーダン。

ケニアなのにスーダン。

生誕地の南スーダンからきているんだろうが、紆余曲折を経てケニアで保護されていた。

そのキタシロサイ最後のオスが、2018.3.19 安楽死で45年の生涯を終えた。

以前、ネットのニュースで、ライフル銃を提げた兵士が、SPの如く、24時間体制でスーダンの周りを護衛しているのを見かけたことがあった。

密猟者から、最後のオスを守る為に…。

彼自身は、どう思ってたんだろうか、この状況を。

最後の一頭と解っていたのだろうか?

もし、解っていたら、そのプレッシャーや哀しみ、孤独感は耐えがたいものだったんじゃないだろうか?

どこまで行っても、どれくらい生きても、1人ぼっち…。

絶望感に打ちひしがれなかったんだろうか?

一応、キタシロサイのメスが2頭いるらしいが、それも、スーダン自身の娘と孫らしく、体外受精が成功しない限り、キタシロサイは絶滅してしまうらしい。

何でも、シロサイはクロサイよりもおとなしい性質で、容易に近づくことが可能であり、その巨大な体躯のために外敵を恐れる必要は少ないものの、性質のおとなしさから人間からの攻撃には無力である、と。

人口の増加による生息地の開発や角を目的とする密猟の横行によって個体数が急激に減少した…と。

近年、様々な分野の研究者により、これまでの熱波や猛暑などの事象が、生産活動や経済活動、社会活動などのいわゆる狄祐岾萋悪瓩砲茲辰董∈鮑の異常気象に直接または間接的な影響を及ぼしているということは、すでに多くの研究成果で示されている。

個人的には、この様な異常な気象状況になると、もはや天災なのか、人災なのかの判断がつかなくなる。

先ごろ、西日本の広範囲で発生した未曾有の豪雨災害におきまして、犠牲になられた方々に衷心よりお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆さまには、謹んでお見舞いを申し上げます。

そして一日も早く、この度の被害が復旧されることを心よりお祈り申し上げます。

最後に、酷暑続きの8月も折り返し、73回目の終戦記念日を迎えた現在、故郷を想い、戦没者に哀悼の意を捧げるとともに、去った8月8日、志し半ばで亡くなった、翁長雄志知事のご冥福を、この場を借りてお祈りいたします…。

こんな自分でも解ること。

戦争は、人災です。

銃後の夜…という話。
Date: 2018/08/15(水)


春と秋の間
夏!

四季のひとつであります。
春と秋にはさまれた季節でもあります。

皆様、こんばんは。
7月9日生まれの大塩です。
7月8日と7月10日の間に生まれました。

夏と言いますと、沢山の事が連想されます。
イベント事なんかで言うと、四季の中でもNo1ではないでしょうか?

まずは、なんつっても『そーめん』でしょうか?
真冬に『そーめん』は食べませんですから。

海に、スイカ割りに、ビキニに、ハイレグ!

ハイレグと言えばやっぱり、岡本夏生。

そうです!やはり夏と言えば、岡本夏生ではないでしょうか!!!

1990年代、飯島愛や杉本彩と並ぶセクシー系のバラエティータレント
として活躍されておりました。

『クレヨンしんちゃん』の初期の頃には、しんちゃんのお気に入りタレントの
一人でもあります。

抜群のプロポーションと端正な顔立ちからは想像もつかない、
ぶっ飛んだ発言は、かなりの夏を感じます。

さて、そうなりますと、次に来るのは何てったってこの人ではないでしょうか!

夏木ゆたか!

陽気で高いテンションの早口トークでおなじみの司会者。
『スターどっきり㊙報告』
懐かしいですね〜〜。
夏木ゆたか!とっても夏を感じます。


え〜さてさて、先日息子達を連れて、『北区立元気ぷらざ』へ
行って参りました。
流れるプールにウォータースライダー、滑り台。
大変子供達も大喜びでした。

夏休みということもありまして、めちゃくちゃ混雑しておりましたが、
その割には、ビキニ姿がまったく見受けられませんでした。

お父さん、残念でした。
お父さん、クソ暑い中、それだけが楽しみでした。
お父さん、流れるプールでビキニとハイレグの間に挟まれて、
流されて行くのを夢見ておりました。

なんといいましても、入場料が大人¥500− こども¥100−。
とってもリーズナブル。
ただし、ビキニ(ハイレグ)はおりません!

そんなわけで、幼少期を思い出しますと、
7月30日。
夏休みに入ってから一週間が過ぎ、

『あ〜〜、もうすぐ7月も終わりかぁ〜。』
『早いなぁ〜。』
『でも8月がまるまる綺麗に一ヶ月残ってるぅ〜。』
『まるまる綺麗に一箱残ってるぅ〜〜〜〜〜。』

なんともまぁ、充実感と幸福感で胸がいっぱいでした。


大塩ゴウ 42歳。
充実感と幸福感を取り戻して、この夏も乗り越えたいと思います!

あっ、今週の大塩コラム。
『五月みどりのかまきり夫人の告白』
について、書こうかと思っていましたが、またの機会に致します。

どうぞ宜しくお願い致します。
Date: 2018/07/30(月)


まさか、そんな、驚くべき・・・!
こんばんは!山田です。
学生さんは夏休みに突入!
夏真っ盛りですね!
しかし今年の暑さはとにかく凄まじい。。
そんな7月下旬の今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか?


僕は先日こんな事がありました。


“朝自転車を走らせていると、もの凄い叫び声が突如後方から聞こえてきた!
瞬時に只ならぬ不安にかられ、慌てふためき振り返ると、
そこには、
ニンマリした杉本団長がバイクに跨っていた”


このシチュエーション。
今回だけではなく、実はこれまでにも複数回あります。
まるでヤクザに怒鳴られたかのようなあの瞬間は毎度の事ながら相当びっくりするのでありますが、
それと同じ位、
これ程までの高い遭遇率はさすがに凄いなと驚くばかりであります。
過去には、かけ乗った満員電車内で偶然目の前に座っていらっしゃった事もありました。


ちなみに先日遭遇した際に開口一番に仰られたのが、


団長「朝っぱらから○○(団長宅所在地区名)を勝手に走らないでくれる?」
山田「・・・すみません」


団長はとっても優しいお茶目な方です。
次お会いした時にはちゃんと走行許可を頂こうと思います。



さて、巷では熱中症が大流行しているようですが、皆様お身体は大丈夫でしょうか?
眠い、疲れた、頭が痛い、手が痺れる・・・そんな症状が表れたら要注意のようですよ!
油断大敵!是非気をつけて下さいね!!


余談ですが、
大学生の時、今や暑い街としてすっかり有名となった埼玉県「熊谷市」に住んでおりました。


そんな熊谷在住時代。
地元静岡から友達2人が車で遠路遥々遊びに来てくれた事があったのですが、
彼らは来て早々急な発熱に見舞われ、間もなくするとうなだれ動かなくなった。
せっかく来てくれたのだか、3日間をほぼ寝て過ごし、終いには回復しきらない体のまま帰っていくという、何とも悲しい、気の毒な事がありました。

当時は「熱中症」という言葉が今程浸透してなかった為、夏風邪だと信じて疑わなかったのですが、
今振り返ってみると、あれは紛れもなく熱中症だったんだろうな〜と思われます。

「本日熊谷市で5年ぶりに日本歴代最高気温を更新!」という記事をネットニュースで拝見しました。
・・もはや中東レベルであります。


そんな暑いイメージばかりが先行しがちな熊谷ですが、


しかし!


暑いだけではございません!
とても良い街なんです!!

美味しいカキ氷屋さんがたくさんありますし、
花火大会も素晴らしい!
「銘菓 五家宝」や「フライ(※)」絶品です!

※【フライ】
埼玉北部地方のご当地料理。鉄板焼。
決して揚げ物ではない。


家族で遊びに行くなら「森林公園」もいいですよ!
アスレチックやサイクリングも楽しめ、この時期嬉しい水遊び場も完備!
青々とした木々に囲まれ、マイナスイオンと共に味わうBBQ!最高です☆
帰りに「山田うどん(※1)」でお食事して帰るのも有りか思います。

※1【山田うどん】
特に埼玉地方に店舗多数有。とにかくお手頃価格。
メンソウル山田とは縁もゆかりもない。


今年の夏の思い出に、是非熊谷旅行はいかがでしょうか?
あ、くれぐれも熱中症対策は忘れずに!



最後に・・
秘蔵ネタを。


「○○に似てるねー」


どなたも一度は言われた事があるのではないでしょうか?
僕に関しては、元いいとも青年隊の岸田健作さん、俳優の岡田義徳さん(ファンの方すみません)を始め、アナキン・スカイウォーカー(少年期)、猿、カリメロ、小作人、ウンコ(もはや悪口)・・とこれまで色んな名前を挙げて貰いました。

が、

実はここ2〜3年の間、
よく耳にする方がいらっしゃります!

あまりにもその方の名前が挙がるので、果たしてどんな方なのかネット検索したところ・・・


これがまた似てるの何のって!


劇団員にその話をし、その方の写真を見るや皆大爆笑。

そりゃそうだ!

顔がそっくりなのは言うまでもありませんが、
驚くべき事に
漢字は違えど、同じ「さとし」さん!
そして話し方までも・・・似ているではありませんか!!


もはや同じ血縁ではないのかと疑ってしまうレベルで、
現在は自分の出身県である、静岡芸術劇場で芸術監督をされているとの事!
これまた凄い偶然が重なるものだと驚きを隠せず(汗)

もしかしたら、劇場等ですれ違いざまに、自分をその方だと勘違いされた人もいるのではないでしょうか。
後にも先にも、おそらく、間違いなく、
そっくり度N o.1と断言して良いでしょう!


相手の方に万が一ご迷惑をおかけする可能性があるかもしれないと思い、これまで公にする事は無かったのですが・・・今回こっそりと。


もしお時間のある時、
【宮城聰さん】
で是非検索してみて下さい。


自分とは全く異なり、
実践申し分なく、日本のみならず世界でも活躍されている素晴らしい芸術家だと伺っております。
是非一度、静岡芸術劇場に足を運び、お会い出来たらと切に願っております。
もしそれが上手くいった暁には、
改めて報告させて頂きたいと思います(笑)


以上、「驚くべき」をテーマにした山田コラムでした!
皆様、これから更なる猛暑がやってくるかもしれませんが、
是非体調には気をつけて良い日々をお過ごし下さいませ。


それでは、それではー!!
Date: 2018/07/23(月)


過去のコラム/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND


WEBLOG


PAGE TOP