COLUMN




今年の抱負
元日からだいぶ時間が経ってしまいましたが、新年明けましておめでとうございます。

トップ画面のメンソウル集合写真で一人だけカメラ目線の
新晟聡(しんじょうさとる)です。
名前だけでも覚えて言ってください。

昨年の2月にメンソウルに入ってから、約一年になりますが、
かなりの数の初めましてをしてきました。
本当に出会いの一年でした。
みなさま大変お世話になりました。


さて、なにを書きますか。新晟コラム。
このコラムというものにいつも苦戦しています。
とりあえず当たり障りのないことを書いて、
今までなんとかしのいできました。
以前ブログをやっていたことがあるんですが、
すぐに辞めてしまいました。

辞める一番の決め手となった記事の内容が、
ベロベロに酔っ払った帰りの道中に書いたものだったんですが、
携帯のカメラで撮った月の写真と、そのとき聴いていたB'zの曲の歌詞を
そのままブログに載せるという意味不明な記事を投稿し、
次の日の朝、
その内容の気持ち悪さと二日酔いのダブルに吐き気がして、
それ以来ブログをやめてしまいました。

そもそもぼくのコラムを見ている人はどのくらいいるんでしょうか。
できるだけ、特に地元の友達などには見て欲しくないと思いつつも、
でもやるからには見せたくなるようなものを書きたいし、
今年はなるべくアンテナを張り、ネタになるような体験談を作る、
というか膨らませていこうと思っています。

というのも、実は以前こんなことがありました。

夜、人気のない帰りの道中、自宅まであと数十メートルにさしかかったところで、
自分の前に女性が一人で歩いていました。
女性の後ろをつけて歩くのは気が引けるので、
ぼくは少し離れたところから早歩きでその人追い抜きました。
すると、その女性がぼくに声をかけきたんです。

女「すいません」

その女性の外見は小太りで、年齢は30ちょっと、
そして2,3日風呂に入ってない感じでした。
ぼくはビビりながら、

僕「え?はい。」

すると女性が

女「5000円貸してくれませんか」

と声をかけてきたんです。
は〜??なんで見知らぬ人に5000円貸さなきゃいけないんだと思いつつ、

ぼく「え?5000円?なんでですか?」
女「お金が無くなっちゃって、帰れないんです。貸してもらえませんか」
ぼく「交番に行って相談してみたらどうですか?」
女「行ったんですけど、全然聞いてもらえませんでした」

そりゃそうだ。てか、行ったんかい。
そして言ったんかい。5000円貸してくれと。
警察だって金は貸してくれんわ。
そしておれは金持ってそうに見えたんかい?
無くなるまでなにに使ったんだよ。
いろんな思いが交錯しつつ、

ぼく「すいません。ちょっと厳しいです」
女「わかりました。すいませんでした」

その人は暗い夜道をとぼとぼ歩いて行きました。
この話しはこれで終わりです。


後になって思ったのが、5000円を貸さないまでも、
飲み物くらい奢って、なにがあったかを聞きだしたら、
もっと話しのネタとして、膨らんだんじゃないかと思ったんです。
その女性には申し訳ないけど。。
いやらしい意味ではなく、コラムや話しのネタとして。


相手がめちゃくちゃ可愛い子だったら、、


いやいや、そこはコラムのため、劇団のネタのために。。
いや本当に。。

なにが言いたいかというと、日常のちょっとしたことを意識を変えることで、
幅が広がるのではないかという、今年の抱負を述べた今回のコラムでした。


11月に終えた先輩山田諭さん主催の舞台に感化され、
ぼくも新たな挑戦をしようと、現在準備中です。
もう新人というレッテルは捨てて、正式なメンソウルの一員として、
胸を張って活動していきたいと思います。


2017年もどうぞ宜しくお願いいたします。
Date: 2017/01/16(月)


昨年の虫
新年明けましておめでとうございます。
横山です。

いやー昨年は色々とありましたね。
一番の出来事はやはりメンソウルに入団したことですね。

あまりイメージが無いとは思いますが昨年はよく泣きました。いつの間にか涙もろいヘタレ野郎の称号を獲ていると思います。

ちょっとした感動系のテレビなどすぐに感情移入してしまいます。
人前でも我慢が出来なくて、この前、電車に乗ろうとエスカレーターを乗っていた所、前から来る女子大生位の方とすれ違いました。

女子大生は何かあったのか泣いていましたがその泣き方が青春映画のワンシーンの様に誰にも気にせずに声を出して泣いていました。

もらい泣き!

女性の涙はビューティフル!

多分、一目惚れに近い感覚ですよね。いや!一目惚れしてますよね。

なんか気持ち悪いなー俺!御了承下さい。

年をとると涙もろくなるとは言いますがまだまだ若い部類。顔だけが倍老け込んでいますが。

さて、2017年に入り今年は人前では泣かないように強く過ごしていきたいです。
高校サッカーを見て早速泣きそうになりましたが(笑)

新晟さんが今年は昨年よりも大荒する年だと楽しそうに話していたので良い意味で大きな波に乗っていけたらと思っています。

本年も劇団メンソウル宜しくお願い致します!
Date: 2017/01/11(水)


謹賀新年
謹賀新年!

全国7〜8人のメンソウルファンの皆様。
あけましておめでとうございます!
昨年中は大変お世話になりましてありがとうございました!
今年もどうぞよろしくお願い致します!

と、ありきたりの言葉で申し訳ないのですが、とにかくあけましておめでとうございます!


ところで、自分が書く新年の挨拶コラムは今年で何回目になるだろうか?

数えてないが、間違いなく10回は書いていると思う。


うーん、大した実績もないまま、劇団を立ち上げ10年以上の年月を重ね、役者を始めてから20歳くらい年を取ってしまった。

赤ちゃんだったら成人、犬だったら楽に老衰してる年月である。


この現状をイチローや本田に相談したら、間違いなく「頑張りが足りないからじゃないすか」と言われてしまうだろう。


…うーん、年始から自己嫌悪である。
今年は頭から反省で始まっている。

去年は温子さんとのコラボが決まってたりと浮かれていたのかもしれない。

今年も脚本・演出の舞台等、既に何本か決まっているのだが、色んなことを、スピーディーに、そしてもっと大事にやっていかないと、自覚のないまま、あっという間に10年くらい経っていることだろう。

…怖い。
…俺、このままじゃ駄目だ。

ということで、はい。
今年は例年よりも気合い入ってます。


明日の新年の劇団会議で、この気合いを押し売りしたろうと思ってます。

しかし年始から自己嫌悪の押し付けコラムすみません。

今年もSNSはやりそうもありませんが、劇団メンソウルは気持ち新たにやっていくつもりです。


今年もどうぞよろしくお願い致します!

Date: 2017/01/04(水)


2016年お世話になりました
いつの間にか始まった2016年もいつの間にか終わりを迎えようとしてます。

最近「KAMIKAZE TAXI」という映画を見て、その中の役所広司さんの「ああ そうですか〜」というセリフにハマってる清田です。

そして、2016年の劇団男魂のコラムは僕で締めくくられるようです。
なんてこったです。


僕のコラムのネタ帳には次僕の順番がきたら、「アメリカ一人旅中のゲイとの奮闘記」を書こうかと思ってたのですが予定変更です。


このコラムを利用して今年を振り返ってみようと思います。


今年は僕の人生において重要な分岐点であったと思います。想定の範囲外な事が起きまくりました。


僕は上京する際に、全てのゲーム機を兄にあげて「東京ではゲームはしない」と覚悟してたのですが、上京して7年目にして、年始からモンスターハンタークロスにドハマリしてました。辞めてたタバコも復活してしまいました。
へたれです。
自分の弱さに自分でもビックリしてます。
他にも、賃貸の更新のタイミングで引越しをしました。家賃を下げたら負けというルールが僕の中にあり、少し以前の所より家賃の高い所に引越しもしました。


去年の今頃、僕はまだメンソウルという集団の存在すら知りませんでした。そもそも、舞台というものに興味が無くむしろ面白くないものという認識がありました。


そんな僕が今年。

劇団メンソウルの「but and」というDVDを観たことをきっかけに、「舞台に出たい、芝居が上手くなりたい」っと劇団員になりました。

劇団メンソウルプロデュース公演「イノチボンバイエ」に出演させていただきました。

熊本公演では、僕の故郷が福岡なので、親戚一同に始めて僕の芝居を観ていただくことが出来ました。

11月には昔の知人からお誘いを頂き舞台「キャッチザレインボゥ」に客演とし出演させていただきました。

12月、劇団の山田先輩が自ら企画し舞台を立ち上げていく後ろ姿をみました。

それらの合間にも、いくつもの映像の仕事を頂きました。

1年を振り返り、劇団メンソウルに出会えた事にすごく感謝してます。
想定の範囲外の一年でした。
入団する前、「but and」のDVDを観た時からなんなんだこの劇団。
作品から伝わる人間味は何なんだと思い。
入団してこんな愛のある集団本当にあるの??っと思ってました。
具体例をだしますと、先輩方はお忙しいなか時間を割いて僕達に稽古をつけてくださります。
ありがたくも厳しいダメだしもありますが、稽古帰りなどに缶コーヒーを買ってくれます。
他にも書ききれないくらい色々あります。


要するに、このような環境にいれる事に幸せを感じております。

僕が入団して共に舞台に出演した、今でもそう思ってます。

劇団メンソウルに恩返しをしながら、更なる高みにいければと強く思います。


来年も更なる飛躍ができるよう精進します。
モンスターハンターも次の新作が出るまでに更に腕を磨きたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

良いお年を。
Date: 2016/12/28(水)


過去のコラム/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND


WEBLOG


PAGE TOP