COLUMN




人吉について
全国7〜8人の男魂のファンの皆さま、ご無沙汰しております。
久々に登場となりました座長の杉本でございます。

全国2〜3人の賢明な杉本ファンの方はご存知かと思いますが、自分の田舎は熊本県の人吉市というところでありまして、その故郷が現在水害により大変なことになっております。

最近は舞台後と年末にしかコラムを書いておりませんでしたが、沢山の友人や知人の方々から心配している旨の連絡を頂きました。
その後の動向を尋ねる連絡や、連絡しようにも、し辛いという声も聞きましたので、今回は杉本の想いや近況を報告したいと思います。

人吉市は九州のヘソと呼ばれ、周りは山々に囲まれた盆地になっており、市内では銭湯というものが殆どなく全てが温泉。とても長閑な場所である。

以前、ラジオでさだまさしさんがご自身の「故郷」という歌を作った由来に「自分の故郷長崎は異国情緒溢れるところで故郷という雰囲気じゃないんだが、コンサートで日本の色んな場所に行く中でここは正に故郷だと思える場所がある」みたいなことを仰ってて、真っ先に人吉の名前を出しておられた。

実際、東京に来てから思うのだが、自分は人吉に対する故郷感がかなり強い方だと思う。

沖縄、鹿児島の人も想いが強いなぁと思うことがよくあるが、何と言うか童謡の「故郷」の様なノスタルジックな雰囲気の場所とでも言いますか…。
副座長の坪内ちゃんなんかは何度も訪れ「日本で一番いいとこで美味い料理ベスト10の半分は人吉にある」と大袈裟に言っている。
そういえば蒲田行進曲の銀ちゃんの故郷も人吉である。

市内の中心に日本三大急流の一つと言われる球磨川が流れており、古くから「球磨川下り」近年では「ラフティング」など球磨川の恩恵を受けたものが観光の中心にあり「人吉と言えば球磨川」と言っても過言ではないほど市民は球磨川と密着した暮らしをしてきた。

その球磨川が氾濫したのである。

幼い頃、水害は結構あったのだが、河川工事でとても立派な堤防が出来て以来、ここ四十年くらいは大きな水害は無かったんじゃないかと思う。

7月4日の早朝5時くらいだった。
何故か目が覚めた自分は何気なく携帯のニュースを見ると「人吉球磨地方に特別警報」みたいな文字が飛び込んで来た。
ただ台風などでも人吉は毎年豪雨に見舞われるので「まあ大丈夫だろう」と気にも留めずにその時は二度寝。
6時頃。
舞台「イノチボンバイエ」で人吉公演にも行ってもらった先輩の「剛州」さんからラインが入り「人吉、ヤバイみたいだぞ。実家大丈夫か?」「うちは高台なんで大丈夫です」みたいなやり取りがあった後、ニュースで次々に人吉の情報が流れて来た。
どこが映っても知ってる場所だが、見たこともない程の川の水量に唖然。
何人かの友人にラインをすると、有り得ない惨状の画像や動画が送られて来た。
言葉も出ない。
母に電話して安否は確認。
しかしそれから先は何も出来ず…。

うちの実家は高台にある為、地盤が崩れたくらいで、幸いなことに水害には遭わなかったのだが、大勢の方が被害に遭われた。
友人達も二階まで浸水したり、車二台がダメになったり、店が全壊したりと、かける言葉も見つからない。
人吉で公演した「イノチボンバイエ」実行委員会の半数の友人は被害にあったのではないかと思う。
人吉が経験する史上最悪の被害というのは間違いないだろう。

そして直ぐにでも駆けつけたい思いはあるのだが今はそれも許されない。
勿論コロナのせいである。
この状況でそんなことも言ってられないかと一瞬思ったが、もし自分が陽性であった場合を考えると最悪だ。避難所の方にでもうつしたりしたら言い訳も出来ない。

ということでPCR検査を受けて帰ることにした。
7月6日に病院に連絡して受けられるのが最短で9日の検査。しかも実費。

余談だがこのPCR検査。
症状があれば保険適用とのことだが無症状の場合は実費。
若しくは受けることさえ出来ないとのこと。

病院で事情を話して何とか受けさせてもらったが、新宿のホスト達は受けるだけで十万円もらえるらしいが、被災した実家に帰る人間には保険も効かず三万三千円払わせる。
それが行政なのかもしれないが、東京都が移動の自粛を促しながら、この状況に誠に腹が立つ。

あまりに腹が立ったので「今後帰省する人の為に」との思いで「せめて保険適用出来ないか?」との要望を出しに都庁に行ったのだが、感染科の担当者が「前向きに善処します」と自分の名前も聞かず受付電話での対応のみ。

今の日本で自分の様な思いの人間って物凄く沢山いると思うのだが…。
マジで何とかせいや!東京都!政府!

話は逸れたが、今、人吉では自衛隊の方々、県内のボランティアの方々、大勢の応援の方々が人吉の人達を支援してくれいる。
本当に有難い。感謝しかない。

うちの劇団では東北へボランティアに何度も行き、公演も行った。
熊本地震の際は東京・人吉で支援公演をし、熊本県に寄付金も収めてきた。
自分達が役者・劇団を続けている精神的な糧や強みの一つはそこにあると思っている。
たかが川原乞食。されど川原乞食。
そして誰かが言った「衣食住に余裕がないと芸事は楽しめない」正にそう思う。

劇団メンソウルは九月の公演を中止にした。
そして役者の仕事は今は殆どない。

ということで、昨日PCR検査で陰性の結果が出まして…。
私、杉本は暫く人吉に帰って来ようと思います。
自分自身も劇団員や生瀬さん、先輩方や友人、知人、後輩達に有難い応援を受けました。

今、この文章は飛行機の中で書いております。

今年に入って想像を絶する事象が続きますが、少しでも、一つでも、一歩ずつでも、人々が笑顔になれる日が来ることを願います。


追伸

 /裕箸悗諒膓發両霾鵑覆漂8紂▲曄璽爛據璽犬忘椶擦燭い隼廚い泙后
もしも少しでも気持ちに余裕がある方がいらっしゃればご協力頂ければ幸いです。

「アートにエールを」という東京都の芸術家支援の企画がありまして、そこに劇団メンソウルも杉本の脚本演出、劇団員総出演の映像を提出しました。
今の世の中の劇団員を風刺した非常に馬鹿馬鹿しい話を真剣に創ったつもりです。じきに公開されると思いますのでその際は是非ともご覧ください。ホームページで宣伝します。
Date: 2020/07/13(月)


僕の周りはピエロばかり
まず、このたびの南九州の大雨により亡くなられた方へ冥福をお祈りします。

また、被災された皆様、ならびにそのご家族の皆様の安全と共に、一日も早く日常を取り戻せる事をお祈り申し上げます。

劇団メンソウルの黒木俊穂です。

正直言葉になりません。

先程、九州北部にも警報が出され、九州全土を巻き込み、まだまだ予断を許さない状況です。

行政の方々にはこれ以上の被害が出ないように対応していただきたいです。


さて、このコロナ禍の中行われた都知事選。

元々、別の記事を書いていたのですが、色々タイミング的にこういう内容でも良いかな、と思い書かせていただきます。

東京の今後4年間を決める選挙で、候補者公示前から盛り上がりを見せており、どれ程投票率が上がったのかと蓋を開けたら前回を下回るという結果に。6620407>6209813(59.7%>55%)無効投票含

んー、コロナで集まる場所に行きたく無かったのか、雨だったからか、、ってそんな降ってないし。。
色々理由はあるかと思いますが、かなり意外でした。

行政に対して、色々あーでもない、こーでもないと愚痴りたいので、僕は行きました。

あれだけメディアで盛り上がってたのに。。
踊らされてたのかな。。


んで、いつも通り話は逸れますが、供託金という言葉を聞いたことある方も居るかと思います。

東京都知事選に出馬するのには補償金みたいにお金を預けなければなりません。
その額300万円。

で、なんと、総投票率の10%未満だと没収との事です。。

因みに、今回そのラインをクリアされた方は、なんと総候補者22人(歴代最多)中3名のみ。

4番手の方は0.001%届かずで300万円没収の憂き目に。
僅か750票ほど。。

いや、返してあげても良いんじゃないかしら。。

候補者の乱立を防いだり〜、ってのは意味わかりますけど、日本の選挙における一人当たりの供託金は世界的にみても超高額です。

ほとんどの国は半分以下。
(お隣韓国は国会議員選挙に必要な供託金は約150万円)
アイルランドなんて、たった?約65000円です。
なんなら推薦状的なものが有れば供託金要らなかったり。

高額な供託金は立候補者の乱立を防ぐのではなく、財産、収入で差別し、立候補の妨げであり憲法15条一項の『立候補の自由』に反するとして裁判もされてるみたいです。

まぁ、個人的にその辺りは人口だったり収入だったりと、安けりゃ良いって訳では無いと思いますので、良い妥協点を探って欲しいものです。

あ、没収された供託金は都のお金になるそうなので、19人分の5700万円は有意義に使っていただきたいですね。

しかし、当選者の得票率が前回をあれ程上回るとは思いもしなかったです。

当選されたからには、今回全く言及されてませんが、再現性ゼロだった7ゼロの前回公約をどうするのか?
延期開催されるオリンピック、パラリンピックの舵取り、今後のコロナを筆頭に疾病災害対策。
問題、課題は山積みですが、頑張っていただきたいものです。


最後に、大きい選挙の際には『政見放送』と云って、候補者それぞれの政策だったり意気込みだったりを発表する場があるのですが、私のお気に入りは、内田裕也さん、マック赤坂さん、外山恒一さんの3名です。


ネットで検索されれば直ぐ確認出来るかと思います。
お時間有れば是非ご覧ください。

あ、『スーパークレイジー君 西本誠』さん、宮崎県宮崎市出身で、じみーーーに応援してました。
見た目も特攻服だし、パラパラ踊るし、演説中でもよく噛むし、、


でしたが公約は至ってまともでした。

最終日の選挙演説を聞いて涙しました。
これからも頑張ってください!

とりあえず、明日の朝も実家に電話します。


Date: 2020/07/07(火)


無知
どうも、無事に大好きなプロ野球が開幕し、ホッとしている高山です!

なんと、千葉ロッテマリーンズが只今、8連勝中!
3年目でまだまだ監督としてはフレッシュな井口監督には是非頑張ってほしいです!


(特にファンでもないですが…(笑))


あ、そういえば昨日は宝塚記念でしたね!

クロノジェネシス、キセキがきたのはまだ分かりますが、モズベッロがきたのはまさかの展開でした…

サートゥルナーリア…4着…

ラッキーライラック……6着て


くぅ〜、馬券買いたかったんですが、買わなくて良かったです。(汗)

少しずつ競馬にハマりそうで、必死に抑えております。



それはさておき、最近、バイト場にて外国人が増えているのですが、休憩中、

「日本というか東アジア人を黄色人種って誰が決めたの?」

「いつから?」

「黄色ではないよね?」

「なんで?」

「ん、黄色なのかな?」

という

「急に何?何でそれが気になったのか謎」

「携帯で調べられるだろうと…」

と思いたくなる突拍子も無い質問にしどろもどろで何も答えられなかったので、自分も疑問に思い少し調べてみました。


日本人をはじめ、近隣諸国を含む東アジア人の多くは肌の色が黄色い黄色人種と呼ばれていますが、歴史をたどると東アジア人の肌の色が黄色いという認識が広まったのは19世紀になってからだそうです。


(意外にもそう遠くない時代で驚きです!)


16世紀に東洋人と西洋人が交流をはじめた頃、西洋からの旅人や宣教師は東洋人にたいして「日焼けをしている者も多いが、我々と同じくらい白い」という言葉が書き残されている文献もあったのだとか。


ところが17世紀までに日本、近隣諸国がヨーロッパの貿易システム、宗教、国際関係に加わろうとしない事が明らかになっていくにつれて、文献の中でだんだんと黄色いという表現が多用されはじめました。

(そんな理由でという感じですが…汗)

言い換えると、かつて白いと表現されていたのは見た目や肌の色が理由じゃなくて、文明、文化、知識、従順さなど、特にキリスト教化される場合の度合いが根拠だったようです。

(なんか納得です。)

公式の文献ではっきり明記されたのは、1795年で、ドイツ人の解剖学者ブルーメンバッハという人が人類を5種類に分類し、その時にはじめてアジア人の肌の色は「黄色」と表現されたとの事。

なんだか案外簡素な理由で定義された事にちょっと納得いかない部分もありますし、ちょっと調べただけのものを伝えるのもなんだかな〜と思いつつも、次、質問をしてきた友人に会った時はこれをひとまず説明してしようと思います。


それと、この疑問を調べてる時に面白い記事を見つけました。


SDGS
(国連からの警告)
(2030年をゴールと定めた世界共通の17の国際目標)


知ってる方いますでしょうか?


1.貧困をなくそう

2.飢餓をゼロに

3.すべての人に健康と福祉を

4.質の高い教育をみんなに

5.ジェンダー平等を実現しよう

7.エネルギーをみなんに、そしてクリーンに

8.働きがいも経済成長も

9.産業と技術革新の基礎をつくろう

10.人や国の不平等をなくそう

11.住み続けられるまちづくりを

12.つくる責任、つかう責任

13.気候変動に具体的な対策を

14.海の豊かを守ろう

15.陸の豊かさも守ろう

16.平和と公正をすべての人に

17.パートナーシップで目標を達成しよう

18.


18番目は何故か空欄になっています。


これは、見た人があなただったら何を明記しますか?という部分みたいです。


たまたま見つけた記事でしたが、普段何気なく過ごしてしまい、自分が生活する分には何不自由なく綺麗な水も飲めるし、好きな事をやって生活できるし、働けるし、なのに、自分自身の事でいっぱいいっぱいになってしまっております。


でも、世界ではこういう目標に向かって行動している人もいるんだなと思うと、なんだか自分は情けなくなってしまいました。


それに人種差別で暴動のニュースも多くみかけるので、国も言語も、肌の色も性別も関係なく、関わるすべての人に対し、同じ1人の人間同士と思って、いろんな価値観の人とも調和していけるようにするにはどうしたら良いか考えていきたいです。


一度でも自分で立てた具体的な目標を達成した事はあるのだろうか?
目標達成のために、今、現在、自分は行動出来てるだろうか?
ついつい、自問自答して考え込んでしまいますが、考え込んでても行動しなきゃ意味がないので、無理しない程度にまずは小さな成功体験を積み重ねていこうと思います。
なので、どうでもいい情報かもしれませんが、健康のために大好きなコーラを辞めます。

まずは、一週間。

それから、1ヶ月。

徐々に間隔空けて周りにも宣言して、絶対辞めたいと思います。


コロナ、まだまだ完全に収まりきってはいませんが、皆様、くれぐれもお身体に気をつけてお過ごし下さい!!!
Date: 2020/06/29(月)


アイ〜ン!
最後だった東京の緊急事態宣言解除からも間も無くひと月くらいですかね?

とは言っても、やはり中々ちゃんと落ち着いたとは言えない日々が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?坪内です。

こんな状況だとうっかりただの風邪を引くのも嫌だなあと思いつつ過ごしておりましたが、手洗いうがいなど感染予防が効いているのか例年以上に健康に過ごしております。

ただ、まだまだ大変な思いをされている方も多々おられるかと。

うちに関して言うと、かなり劇団内でも悩んで話し合ったのですが、今年中の舞台公演はやらない事にしました。演劇界も色々と影響を受けて「演劇の灯を何としても消さない」というような声も聞かれますし、その思いも勿論あるのですが、やはり来て頂ける方があってのものですし、何かしらの不安を持たせたりしたまま「観に来てください」と言うのも本当に難しいなと…。

ただ、来年の早い時期には公演をやる予定でおりますので、色々と落ち着いている事を願いつつ、その際はまた是非足を運んで頂けたらと。

そしてありがたいことに仕事のお声掛けなんかは段々と戻って来ておりまして。

それぞれ個人もですし、全員が関わるもので近々観ていただけるものをまたお知らせ出来るかと思いますので、是非その辺も期待してお待ち頂けたらと。


その流れであれですが、当HPのNEWSにも出させてもらってます、

先日、うちの大塩と二人で出演させて頂いた「The 48 Hour Film Project」という、「お題が出てから48時間以内に撮影・編集・出品する」という同じ条件のもと世界各国のクリエイターが作品を競うという映画祭の、東京大会に出品した「アイーン」という短編作品が1位をいただきました。

1位!

人生で1位なんていうものをもらった経験が思い出せない。
いや無いかもしれない。

って、勿論今回自分は出させてもらってるだけなんですが笑

ただ、とは言っても、東京大会の1位が「東日本代表」的なことで、同じく大阪大会の1位として「西日本代表」的に選ばれている作品と、どうも今回がその映画祭的にも初の試みだというネットで視聴してもらっての真の?日本代表を掛けた投票対決!が現在行われています。

いやなんだかわくわくしますね。

なので、ここでもさらにお願いするのも恐縮ですが、
良ければ是非この機会に観て頂けたら幸いです。

両作品をちゃんと視聴しないといけないのと、その前に若干の登録が必要なもので、それだけ少々お手数かけますのですみませんが。

投票期間は明後日の6/24水までだそうなので。

詳細はこちらのNEWSページに載っております。
http://g-mensoul2.sakura.ne.jp/mensoul_blog/?p=3177

ちなみに、出させてもらった自分たちは、もちろん一票を入れなければと登録をしたのですが、いかんせん世界対象の映画祭でサイトの表記が英語なもので、大塩なんかは登録の「First Name」から、「?」という顔をしてつまづいておりました。

面倒掛けましたら重ねて誠に申し訳ありません。

せっかくなのでもう少し作品の事を書きますと、自分は初めて参加さてもらいましたが、この映画祭のことは知ってはいまして、やはり48時間以内に作り上げるというのが「世界で最も過酷な映画祭」とも言われているらしく、お話をいただい際は「どんなハードな撮影になるんだろうか…」とちょっとビビってましたが、

監督はもちろん、現場のスタッフさん方が非常に素晴らしい優秀な方々だったのもあり、とても和やかに楽しくやらせていただき、普通の撮影でもそうそうない予定通りの終了時間どころかちょっと巻いて終わるというおまけ付きの幸せな現場でありました。

そしてタイトルから分かる通り、直接的ではないにしろ志村けんさんへのリスペクトも含まれた内容で、悲しくて最近は志村さんの映像を見まくっていた大塩はもちろん、自分もあらためて志村さんの偉大さと感謝の気持ちを思い起こしたりしたので、その辺も皆さんと少しでも共有出来ればいいなあと思っております。

何にしろ、こういう状況で、こうやって参加した作品を観ていただける機会があるのはとてもありがたいですし、これからも何とか真摯に頑張っていこうと思っている次第です。

真面目に締めてすみませんが今回はこの辺で。

「アイーン」

是非観てください〜ン!
Date: 2020/06/22(月)


なんくるナルサン☆
一寸先は闇…ほんの少し先のことも全く予知できないことのたとえ。

世の中が、それこそ世界中の人々が、コロナ禍に振り回されてる最中、気づけば早、上半期を終えようとしている。

このご時世、近況を語るのに、コロナの話題に触れずはいられない。

昨年のラグビーW杯の成功や反省を踏まえ、オリンピック景気に期待して迎えた2020年に、誰がこの状況を予期しただろうか…?
まさか、廃業したり、病死したりするなんて…。

人類史上に残りうる非常事態。

未曾有、なんて普段使わない三文字熟語も使うさ、そりゃ。

緊急事態宣言や東京アラートは解除されはしたけども、ワクチンが開発されてない限り、何の解決もしてないので不安が募るばかり。にも関わらず、街中でマスクを装着してない人が増えた気がする。

石橋を叩いて渡る…堅固に見える石橋でも、なお、安全を確かめてから渡る。用心の上にも用心深く物事を行うことのたとえ。

自分は大丈夫(罹らない・伝染らない)。なんて根拠のない自信は要らない。
既に保菌者のつもりで、伝染さない意識でいてくれろ、と。

石橋を叩き過ぎて、ぶっ壊して渡れなくする、自粛警察の様にやいのやいの言うつもりは無いけども、身近な家族を守らねばならないので、せめてマスクしてくれろ、と我思う。

降らぬ先の傘…事が起こる前に注意することのたとえ。

罹らない先のマスクと言ったところか。いや、うがいも大事だから、罹らない先のうがいとマスクと言ったところか。いやいや、手洗いも忘れてはならないから、罹らない先のうがいと手洗いとマスクと言ったところで言ったところなんで、行動に移してこれからも習慣付けば良いなぁと。

習慣と言えば、沖縄で暮らす父親が、2年前(2018 7月)から毎日、日記をつけてるらしい。という事実を去年知った。

いつだったか、年に数回送られてくる季節の食材達に紛れて、「オトーのこれからの自分史」仲田◯光と銘打たれた冊子が入っていて、これは何⁇と訊いたらば、父ちゃんの日記だが、遺書の様なものだから、時間あるとき読みなさい、と。
分かった、読むよ。と安請け合いしたはいいが、棚にほっぽり出したままいつしかその存在も忘れてたらば、去年の年末に荷物が届いた中に再度、冊子が入れられていた。(2019年度版)と(令和元年度版)の2冊。増えとるやん、まだ一行も読んでないのに…。

それでもこの愚息は読まずにいたらば、このコロナ騒動である。
いつもよりは在宅時間が長くなったので、この機会に…と、重い腰ならぬ、重い指で手繰ってみた。

何でも日記を始めた動機は、2年前の父の日に、自分以外の兄姉達からPCとプリンターをプレゼントして貰ったらしく、それを機に、80歳(現在81歳ね)を前にして、痴呆症防止と備忘録を兼ねて、日々を記すに至ったとのこと。

実際、内容はと言うと、日々の行動や出来事、それに付帯して思ったこと等、一行で終わる日もあれば、1ページ使って赤裸々に書いてる日もある。

お昼の情報番組ノンストップの、無意味なせきららボイスより赤裸々に。

自分は、二十歳そこそこで上京し、既に20年以上、東京に居る。

自分の知っている父ちゃんは、口数が少なく、短気でせっかちで、笑顔の写真が無いくらい仏頂面で、トーテムポールにいてもおかしくない様な人だった(どんな人だ?)。
日記を読むと、父ちゃんの声が脳内再生される、当たり前だけど。
日記の中の父ちゃんは雄弁で、時折り、
自分の幼少期の思い出話や、在りし日の両親(我が祖父母)の話、学生時代の淡い恋愛話や結婚話、夫婦喧嘩話や夫婦喧嘩話(そればっかりか)などを交えながら、現在の生活風景など語っていた。

父ちゃんの一喜一憂に自分も一喜一憂し、誤変換が多くて読みづらかったりもするけど、80歳の手習で四苦八苦しながら、書いてる姿を想像すると泣けてくる。

日記をつけだして間も無くして、ガラケーからスマホに変えたらしく、それにも悪戦苦闘してるようで、使い方を教わりに、近所の携帯ショップに頻繁に通ったり。ショップの人も大変だなぁと。でもちゃんと対応してくれてる様で有り難い。

その歳で、デジタル化に対応しようと奮闘し、日記も継続している父ちゃん。

素直に、エライさぁ〜と思う。

禍福は糾える縄の如し…幸福と不幸は、より合わせた縄のように交互にやってくるということ。

人生楽ありゃ苦もあるさ。
涙の後には虹が出る。
歩いてゆくんだしっかりと。
自分の道を踏み締めて。

杉様、素敵です。作詞してないけど。

自分の尊敬する松様こと、松下幸之助様からもアドバイスをば。

コケたら、立ちなはれ。
なるほど!

雨が降ったら、傘をさす。
シンプルだけど奥深い‼

人生、先の事は分からない。分からないから面白い。大切な事は、後悔しないように、現在(いま)を懸命に生きることなのか、と。

この渦中の中、老父の手記を通して自分を見つめ直した。

親孝行、したい時には親は無し。と、ならないように、頑張らなきゃ。
まずは、この手記を読み終える事から始めようかな、あと2年分あるけど。

そして今度の父の日には、ちゃんと伝えよう、ありがとう、と。

コロナに負けるな!…という話。

iPhoneから送信
Date: 2020/06/13(土)


πのπのπ
皆様、こんにちは!大塩ゴウでございます!

先日、不要な外出は控えて下さいと言われておりますが、
必要でありましたので、お散歩にお出かけしました。

一時間、じんわり汗を流して、おいしいお酒を飲もうと!
そして、一時間の中でおもろい事を見つけるぞ!
それをネタにしてコラムを書き上げよう!!
そう決意して、ゴウ散歩に出かけたわけであります。

そうは言っても中々おもろい事なんて、見つかりはしないという潜在意識があるものでして、
見つかると良いなぁ〜の言葉の裏にはどうせ無理だろう、
という思いが潜んでるわけであります。

ゴウ散歩開始10分、発見致しました。
すれ違う50代半ばのおっさんのTシャツに

『生存』

という文字がデッカくプリントされてあったのです。

こんなご時世だからこそ?
『生存』Tシャツ買ったの?貰ったの?作ったの?
いずれにしても、どんな思いで?

想像力が膨らんできて、顔面がニヤけてまいりました。
見つかるもんですねぇ。
その日ボクは、おもろい事が見つかるといいなぁ〜ではなくて、
おもろい事を見つけると決めておりました。
『生存Tシャツ』が、面白いのではないのです。
別に今、そのTシャツを見ても、クスリとも笑いませんが、
意識する事で、おもろい『生存』Tシャツとなったのです。

ゴウ散歩も終わりにさしかかった頃、
前からチャリンコにまたがった30代後半の、無精髭を蓄えたワイルド系の
男性のTシャツに、
とんでもないプリントの文字がぁぁぁ!!!

『スタミナ焼き』

嘘でしょ?
好きなの?スタミナ焼きが?
スタミナ焼きが嫌いな人はあんまりいないと思うけど、そんなに?
『スタミナ焼きTシャツ』買ったの?貰ったの?作ったの?


そうして、ゴウ散歩を終えて一汗かいた後のレモンサワーは、
格別にうまかったわけで、
無性にスタミナ焼きが食べたくなったのでありました。
明日のランチはスタミナ焼きで生存力を高めてみようかなぁ〜、なんつって。。。

意識する事って大切なんだなぁって事であります。
偶然舞い込んで来た事ではありません。
意識していたからこそ、発見できたのです!
そしておもしろく感じたのです!

普段、おっさんのTシャツなんてボクは気にもとめていません。

はっきり言って、ボクは女性しか見ておりません。

もっと、もっと、はっきり言わせてもらうならば、オッパイです。
ボクは、すれ違う女性のオッパイを見てしまいます。
ごめんなさい。

勿論、さりげなくであります。
あくまでも相手に不快感を与える事無く、誰からも気付かれない様に、
さりげなくであります。

43歳にもなって、こんな大人ではダメだ。
とは思っていても、頭の中はオッパイでオッパイオッパイです。
ごめんなさい。

え〜っと、ボクが言いたいのは、オッパイは素晴らしいと言う事ではなくて、
意識する事の大切さであります!!

筋力トレーニングをされている方はご存知かと思われますが、
普通にバーベルを持ち上げてトレーニングするのと、
使う筋肉を意識してバーベルを持ち上げるのとでは、
同じトレーニングの内容でも、2倍も3倍も
筋肉のつき方が違ってくるそうです。

ボクが尊敬している、西田文郎先生という方がいらっしゃいます。
日本における、イメージトレーニング研究、指導のパイオニアである
かたであります。

西田先生は、
成功はすべて『イメージ』からはじまる!
『イメージ』が具体的であればあるほど『実現しやすい』!
とおっしゃっています。

西田先生から学ばれたなかから、沢山の億万長者、トップアスリートがいます。
これまでに、沢山の優秀な方と出会われて来た西田先生に、
今までに、一番優秀だと思った方は誰ですか?という質問に西田先生は。

どんな有名人が飛び出すのかな?と思いきや、

『赤ちゃんです!』
と、お答えになりました。

『赤ちゃんの脳というのは、マイナスの思考というのが無いからとても
素晴らしいのであります!』
と仰るのです。

ハイハイから立ち上がるまでに、何十回何百回何千回と失敗しても、
立ち上がろうとするのです。諦めません。
頭がいい人であれば、何十回も失敗すれば、もう止めておこうと
なるわけであります。
しかし、赤ちゃんは失敗しても失敗しても、周りからは『頑張れぇ!』
痛がっても『痛いの痛いの飛んで行けぇ〜!』
と励まされるのであります。
マイナスの感情は存在しません。

誰も『もう止めとけ』『お前には無理だ』
何てな事は言われません。

確かに、言われればそうですよねぇ。

今現在、沢山の方が、ちょっと前にくらべて気分が落ち込んでる方が
増えているかと思われます。

是非とも赤ちゃんだった頃を思い出して、プラスの感情を
増やして行きましょう。
諦める事はやめて、チャレンジして行きましょう。
ワクワクドキドキして行きましょう!

ボクは、明日からもオッパイを見ます。
ワクワクドキドキします!
勿の論、さりげなくです。

♪パイのパイのパ〜イに、さりげなく〜、
さりげなく〜生きるだけさ〜〜〜♪

赤ちゃんだった時の様に。。。。。
成長していきます!頑張ります!

それでは、ご清聴有り難うございました!


Date: 2020/05/18(月)


「stay home週間」という名の連休を迎えて
皆さん、こんばんは!
山田諭です。
「stay home週間」、いかがお過ごしでしょうか?
夏日を迎える等、例年同様にとても気持ちの良い気候となりましたね。
温かい日差しと、少し涼しい風。
普段はインドア派の自分ですが、家の中で過ごすには勿体ないなぁと思ってしまいます。


医療従事者の方、スーパーやコンビニ、薬局やホームセンター等の生活必需品販売店の方、物流関連の方、ゴミ清掃員の方、電気・ガス・水道・電話・ネット等のライフライン関連の方、学校や幼稚園・保育園の先生方、その他挙げきれなかった日々社会を支えて下さっている皆様、
そして、厳しい状況ながらも歯を食いしばり休業や営業縮小を続けて下さっているお店の方々、文化芸術関連の皆様等、
本当に本当にありがとうございます!
日々感謝の気持ちでいっぱいです。心よりお礼申し上げます!
お年寄りの方々や小さいお子さんがいらっしゃるお住まいの方々、まだ早いかもしれませんが、暑くなってくると熱中症の危険も出てまいりますので、こちらについてもどうかお気をつけ下さいませ。



テレビで「自粛疲れ」という言葉をよく聞きます。
溜まりますよね〜、分かります。
皆さんは大丈夫でしょうか?

自粛に伴う影響は僕自身も感じております。
かつて憧れだった在宅ワークが始まり、あれほど嫌であった満員電車通勤が無くなり、ひょんなことから夢が叶った・・はずなのに、
終業後の疲労感とモヤモヤ感が、以前に比べ、日を増す毎に増えているように思われます。

隣の部屋でひっそり身を潜めてくれている家族に気を使いながら仕事をし、その罪滅ぼしも兼ねて、休憩時間中は子守りを担う。
最近は、自分のスマホはすっかり子供のゲーム機になってしまった。


・・ストレスですかね〜。


出勤も通勤時間も非常に面倒ではありますが、移動中にスマホ検索や音楽聞いたり、本を読めたり、仮眠を取れたりと、自分の自由時間は存在していたし、僅かながら運動も出来ていた。
おまけに、昼休みには食べたいご飯を食べ、短い時間ではあるものの、再びやりたいことに勤しむ事ができる。
生活リズムを保ちメリハリある生活を過ごせていたのも、これまた出勤のおかげだったりする訳なんですよね。


バランス。
そう、何事もバランスが肝心なんだ。
バランスが大事!


そう思った次第であります。


僕の近所でもランニングしている方が以前よりも増えているように思われます。


【ランニング】
運動不足解消はもちろんの事、走りながら音楽を聞けたり、鼻歌を口ずさんだり、考え事が出来たり、時折休憩をはさみつつスマホ検索をすることもできる。
ストレスを解消するにはとても理にかなっている。


「よし、ならば走ろう!」
と思いながら3週間程が経過いたしました。
なかなか走り出せない自分がおります(汗)

こうしてコラムで書いてしまった手前、このコラムをを書き上げた暁には是非走りに行こうと思っておりますが・・果たして・・・。
今夜こそは、僕の中の「リトル山田」とじっくり話し合ってみたいと思います。



さて、皆さんは自粛期間の日々、どのようにお過ごしでしょうか?
僕の今一番の至福タイムは、ベランダでの日光浴です。
ベランダと言っても、めちゃめちゃ狭く、目の前にはご近所様の窓がある上、洗濯物が頻繁に顔に触れる等、快適な環境とは程遠いのですが、
普段家族から邪魔者扱いされている少し大きめの座椅子を倒し、日光を浴びて眠るという行為に格別の贅沢を感じております。

家にいる時間が長くなった為、最近おのずと部屋のダークスポット(今まで見て見ないふりをし放置していた散らかり箇所)が気になり、真剣に向き合う余裕が生まれてきました。
上記の「自粛疲れ」とは異なり、これは非常にいい事ではあるのですが、しかし、対するは永年の放置で蓄積し続けてきた相手。
片付けを開始するも、案の定簡単には片づけ切ることはできず、毎回長期戦の展開に。
そして、いつもあとちょっとのところが片付け切れず、最終的に疲れて止めてしまうのだが、すぐにまた気になり始め片付けを再開。
しかし、いいアイデアが浮かばず、しばらく考え続けるも、結局は断念。
大概がこの繰り返しで、いや〜、どうもすっきりしない!
こうして、微妙に片付かない箇所が転々と生まれていき、それに伴いストレスも蓄積されていくという「負のスパイラル」に見舞われる(笑)

こんな日々を過ごしております。
もちろん以前と比べれば綺麗になってきましたが、掃除に奮闘し続ける今の俳優山田が果たして良いかどうかという点については、何とも言えないところであります。
この点についても、僕の中の「リトル山田」と今夜じっくり話し合ってみたいと思います。



最後に、
先日SNSを眺めていたら、「ついカッとして壁に穴をあけてしまった」という投稿がいくつか見受けられました。

自分の家の壁はまだ大丈夫なのですが、
わが娘(6歳)の暴れっぷりは以前にも増しており、家の中を走るわ飛ぶわで、勢いが止まりません。
それに伴い、親の自分達は下の階の方からいつ苦情が来ないかヒヤヒヤの毎日。
そう、まさに「親の心、子知らず」。
我儘さも増えているように感じられます。
でも、小学生なりたての年頃の子が家でじっと過ごさなければならないという今の状況は、とても不憫に思えてなりません。
田舎の田んぼや原っぱを友達と夕方まで駆け回っていた「いなかっぺ小僧」の自分としては、今の子供達は学校にも行けず、友達とも遊べない中、本当によく頑張って我慢していると思います。
だから、頭ごなしに怒ったり否定するのではなく、しっかり理由を聞き、何故そのような行動をしているのかを相互確認した上で、納得できるよう注意していきたいと自分は心がけております。
くれぐれも児童虐待等の悲しい事件が増えない事を願って止みません。


自粛期間が延長されて、5月末までは今の状態が続くのだろうと思っておりますが、自分もいつどうなるか分かりません。
なので、このような状況でもできる限り楽しく明るく過ごして行きたいと心がけております!
その為にも、今は出来る限りの我慢と、感染予防の徹底、決して笑顔を忘れずに乗り切っていきたいと思います。
不謹慎に思われる方もいらっしゃると思いますが、どうかご了承下さい。
一日でも早い状況の収束と、皆様やそのご家族様のご健康をお祈り申し上げます。


残りももう僅かではありますが、
どうか良い「stay home週間」をお過ごしくださいませ。
Date: 2020/05/05(火)


「新時代」 新晟コラム
皆さま、お久しぶりです。

昨年の12月以来のコラム、新晟聡(しんじょうさとる)です

初めての方は名前だけでも覚えていってください


前回のコラムから約5ヶ月ほど経ちますがその頃と比べて
今はコロナの影響で世界中の様子がまるで変わってしまいましたね

どうしてもこの話題になってしまいますが、
皆さんは日々をどうお過ごしでしょうか

現在、最前線で活躍されている医療従事者、配送・配達の方々
スーパーやコンビニで働いている方々など人々の生活を支えるために
がんばってくださってる方々には本当に頭が下がります

ぼくらの"エンターテイメント業界"はというと予定していた
ドラマや映画、演劇が相次いで中止や延期となっています

どれだけ売れていて活躍している人も元々仕事がない人も
同じように家に閉じこもりこの災いが去るのをじっと待つしかない

なんともやりきれない気持ちになります

でも下ばかりを向いていてもしょうがないので、
今はなるべく気持ちを落ち着かせ、この災いが去ったときに、
エンターテイメントがより一層必要とされる時代が来ると
そんな妄想をして過ごしています

いつになるかわかりませんがコロナが終息して、延期になっていた
イベント等が開催された時のことを思うと、なんだか泣けてきませんか?

そんな未来ある新たな時代を
目を細め、口を半開きにして妄想しています

新たな時代といえば、ここからは都市伝説的な話しになりますので、
話し半分で読んでください

ぼくは昨年から、たまたまある話題を小耳に挟んでいたのですが、
「2020年は新時代がくる」
というフレーズをいたるところで聞いてました

そしてこんな様々な説がありました

・マヤ暦の「長期暦」は2020年3月20日が終わりの日に当たる
・インド暦には2020年3月20日以降の日付がない
・3月20日は「宇宙元旦のスタート」
・100日後に死ぬワニの最終回が3月20日

あくまで説なので、信じるか信じないかはあなた次第です

話しがなんだかよくわからない方向へいってしまいましたが
漠然と今のこの状況は一つの時代が終わり新時代への幕開けなのかなと
ぼくなりに解釈しました

明るい未来を想像すれば前向きでいられる

ついさっきですよ
弁当屋に行ったら店員さんに
「早くしろよ」と怒鳴っていた大柄なおじさんがいました

イライラしなさんな

今はとにかく心を落ち着かせ、できるだけ密を避け
皆で協力して乗り越えましょう

次にコラムを書くときはコロナが終息し新時代を迎えていることを
願いつつ今回は締めさせていただきます

次回は山田諭さんのコラムです


後書き
ぼくの家にも布マスク三枚が届きました
いろんな意味で使いたくないと思い電話番号が書いてあったので問い合わせてみると
「使わないのであればお知りあいにあげるか、"不要"と書いてポストに入れ戻してくれれば厚生労働省で対応します」
ということらしいです
ほー。いらんから返したるわ。
いや、待てよ。そしたらまた郵便局の仕事が増え、無駄な労力を与えてしまう
どこか病院等必要とするところで受け取ってくれないだろうか
くー、この件に関して言いたいことは山ほどありますが、暴言を吐きそうなのでこの辺でやめておきます


新晟コラム、以上です

Date: 2020/04/27(月)


過去のコラム/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND


WEBLOG


PAGE TOP