COLUMN




ナンクルなるさん☆
ここ最近、会う人、会う人に、

何か…太った⁈

と質問される。

自覚がないワケではない。

なので先日、年明け振りに体重計に乗ってみた。

ら…ナント、更に5堊の75圓冒えていた。

過去最重量である。

そらぁカミさんに、プロレスラーかっ!とツッコマれ、
息子達には、ロバートの秋山みたいっ!と、梅宮辰兄Tシャツを勧められるわなぁ〜σ^_^;

と言いつつも、気にして特に何かしてた訳では無いので、そらぁそうなってしかるべきかもしれないなぁ…。

でも何故?今年急激に肥るのん⁇

心あたりあるのは、四十を過ぎて新陳代謝が落ちたコト、若しくは今年スタートした禁煙の所為⁈…か。

前者は、既に1年以上経っているので直接的には関係ないかもしれないが、今年始めた禁煙と相まって、間接的に相乗効果をなした可能性がある、と睨んでいる。

ただし俗に言う、禁煙したからご飯が美味しくなった!という変化はない。

逆に、今まで美味しいと思って食していたモノが、
アレ?これを美味しいと思ってたのオレ⁇
という味覚の変化はある。

のくせにぃ、食欲は旺盛で、やたら腹がへり、何か口にしてしまう。

で、運動量は変わらないので肥る。

という構造・井上、若しくは村下、が出来上がる。

このまま行くと、キャラ変えしなきゃならないので、ここは踏ん張りどころだ。

ワンパクでもいいが、ワンパックお腹は困る。

今まで通りじゃあダメってことね。

筋肉がつきやすく、仲田きんにくんと呼ばれかねないので、30を過ぎて筋トレとかは控えていたんだけども、やはり摂取を上回る消費をせねば。

手始めに、肉体改造の必需品・Tarzan(ターザン)を買って安心してみた。

これでこの夏、フォーパックぐらいを目指しtight思いマッスル。

もし、変わってなかったら…、

梅宮辰兄Tシャツを買って、忘年会の余興で頑張ります!

ハッケヨ〜ィ〜肥った〜〜٩( ᐛ )وという話。

iPhoneから痩身。
Date: 2017/05/16(火)


sakura
風薫るさわやかな季節となってまいりました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
目に青葉がしみている大塩です。
こんばんは!

さて、ゴールデンウィークも終わってしまいましたが、どのような休日を過ごされましたでしょうか。

6月って、祝日が1日も無いんですね!


え〜ま〜、本日も非常に天気がよくて暖かい一日でしたが、今、桜が咲けば良いのにと思ってしまいます。
咲くなら今でしょ!

3月4月のまだまだ肌寒い時ではなく、5月の今!
そんで大概、桜が満開になった時って雨が降りますよね。

今年は特に、満開になってからほとんどが雨でした。


そうやって、じらされて、待たされるから、好きになってくのでしょうか。


むかしは、別に桜が満開になろうが散ろうが、沢尻エリカばりに、
『別に〜。』って感じだったのが、
近年、とても桜が花を開くのを心待ちにしている自分がいます。

満開の夜空に雨が降ると、『何でや〜!!』と、叫んでしまいます。
緑色の葉っぱが生え始めると『待てってぇ〜!!』と、吠えてしまいます。

わしゃ、花咲か爺か!と、突っ込みたくなる程です。

それもこれも、じらされて、待たされいるからでしょう。


ボクは、桜が大好きです。

それから、ボクは、スナックも大好きです。

お菓子ではなく、お姉ちゃんがいるスナックです!


スナックでもよく、じらされたり、待たされたりします。。。


え〜〜っと。
すみません。

わしゃ、Mかぁ!!
という、お話でした。

Date: 2017/05/08(月)


おいくらですか?
5月になりましたね!
巷では「クールビズシーズン」が徐々に始まっているようです。
脱ネクタイ、半袖解禁。
今年も暖かくなって参りました。
GW真っ只中の今日、皆様はいかがお過ごしでしょうか?


山田です!


1ヶ月位前から咳が出始め、なかなか治まる気配が見られず・・。
これって流行りの症状なのでしょうか?
よく同じような咳をしている人を見かけます。
さすがに長い期間続いている事や、団長の勧めもあり、先日病院に行ってまいりました。

しかし、行く病院行く病院、どこも休診が続き・・
3箇所回った時、そこで始めて気がついた!
その日は・・
祝日であり、GW初日であった!!

「そりゃそうだよなぁ〜」と思いつつ、
かと言ってその日しか行ける機会もなさそうだった為、祝日診療可能な病院をネット検索し向かう事に。

さて、この病院。
休日診療を売りにしているようで、一見親切そうにも見えるのだが、
料金がちょっとだけ納得いかない・・


ちなみに、
診察料:8,000円、薬代:2,000円、計1万円・・保険証有りで。


これを高いと取るか妥当と取るかは賛否両論あるだろうが、

一つ言えるのは、自分には診療価格が不明の為、結果提示された金額を払うしかなかったという事であった。
もし明確な料金設定一覧等が事前に明かされていたのであれば、
その日診療を受けるのを回避という選択も持てたかもしれないと思うのである。


ケチですか?・・ケチですよね、私(笑)




そんな「モノの価値について」をテーマに書きたいと思う今回のコラムですが、
先日こんな事がありました。




3年前くらい前、バイト退職時に会社側からプレゼントを戴いた。
丁寧に包装されたそれから出てきたのは、1本のボールペン。


こ、これは・・!?


見た目が地味なボールペン。正直期待していたものとは違っていた。
う〜ん・・魅力が感じられない。

それでも頂いたものは邪険にできない。最後まで大事にしたい。
その後しばらく使い続けるも、間もなくインク切れとなり...。
捨てようか否か迷うも、
思い入れのある職場からの戴き物であった事もあり、何となく捨てられずにいた。
しばらくは背中が痒くなった時の孫の手やツボ押し棒の代わりに使っていたが、次第に活躍する機会は失われていった。


それから1年以上が経過した、つい先日。


日頃より多用していたボールペンのインクが突如カスカスとなり、遂につかなくなってしまった。
バイトの職業上、必須なボールペン。
新しいボールペンの用意が急務となる。
就業後、文房具屋に向かった。
100円ボールペンでいいかと思いつつ、ボールペンコーナーにたどり着いた際、見覚えのある1本が目に入ってくる。
貰って3年以上が経っていたが、それが幾らのシロモノかということについては確認した事が無かった。
さりげなく値札をチェック。


「3,000円」


・・


・・・え!?


もう一度確認してみるが、見間違いではない。しっかりと3,000円と書かれていた。
そう、このボールペン・・高級ボールペンであった。


なんてこった...


結局その日購入したのは、100ボールペンではなく、
上記ボールペンの替芯であった事は言うまでもない。
それ以降肌身離さず持ち続けているが・・今度は違う意味で使えなくなってしまった。

こんな大層な物を頂いた事への改めての感謝の気持ちと、僅かでも邪険に扱っていた事への罪悪感でいっぱいになる。
長い間筆箱内で身を潜め、ずっと出場機会を伺っていたであろうボールペン。

値段一つでコロっと左右される自分はどうなのかと思いますが、
捨てなくて本当に良かったなというのが本音です。


しかし、現金な奴だなぁ〜自分は(苦笑)



世の中「知らなければ良かった」って思う事もたくさんあるが・・
やはり物事を知っているに越したことはない!



「知らないって怖い」



今回はこの一言に尽きます。
締めとしては不十分ではありますが(笑)
これで締めとさせて頂きます。



それでは皆様、良いGWをお過ごし下さいませ!
Date: 2017/05/02(火)


言ったからには 新晟コラム
例年より遅い桜は咲いてる時より、風に舞い散っていく姿の方が美しい思った2017新年度。

みなさん、こんにちは、こんばんは。
新晟聡(しんじょうさとる)です。
初めての方は名前だけでも覚えていってください。

超満員の大盛況で終えた座長演出・脚本「Just do it!」に刺激を受け、
次のメンソウル本公演に向け、より一層気合が入っております。

ぼくとしてはメンソウルに入ってから
座長が演出の舞台というのは実は初めてで、
ファンとして観に行っていたメンソウルの舞台に、
ようやく出演の許しが出たような気がしております。
非常に楽しみであります。

さて、何を書きましょう。
前回のコラムで、今年は日常にアンテナを張り、
コラムのネタになるようなことに目を向けて過ごそう宣言をしましたが、、

なかなかありません。。

いや、あったけど気づかないだけなのか、、

いや、アンテナを張ることすらしていなかった可能性が、、

ともあれ自分の引き出しの無さ、執筆能力の乏しさを感じているこの頃です。


というのも、これも前回のコラムで今年の新たな挑戦について書きましたが、
現在、生まれて初めての脚本というものを創っておりまして、
ただただ、日々日々、悪戦苦闘してます。
それも映画の。。。


実はメンソウルに入る前は、役者仲間で集まって
自主映画制作チームを作って活動しておりました。
映像演技の勉強をしたい一心で作ったそのチーム。

なにもわからぬまま役者だけが集まり、
まずは電気屋で一番安いホームビデオ的なものを買い、
夜な夜な新宿の公園である映画のワンシーンを真似てそれを撮影する、
というところから始まりました。

徐々にカメラで撮る人、音を撮る人など役割が出来てきて、
実際に映画を撮ってみようと行き着き、
何本か作品を重ね、
国内の映画祭で賞をもらえるまでになりました。

もう一度その時の仲間と映画を撮ろうと思い、今回はおれが脚本で監督だー!!
と、意気込んでスタートしましたが、まー、脚本が進まないわ、眠れないわ。

一応チーム発足の言い出しっぺだったので、映画を作る工程全てのことに口出しし、
曲がりなりにもまとめてきた自負がありました。

役者として出演しながらも時に照明や音響、助監督、運転、
そして弁当を買いにいったり、、
思い出すと冷や汗が出ますが、サッカーでいうところのリベロ的な。。

とにかくいろいろやりながらも唯一経験していない、
監督・脚本に挑戦してみようと思い立ったのは良いのですが、
とにかく脚本が進まない。

思いがあってもそれを形にし、ドラマとして文章にすることがどれだけ難しいことか、
日々憂鬱です。

ただですね、その大変さを知ったおかげで、
今までと映画の見方が変わったり、
もらう役の取り組み方が変わったりと、良い気づきもあります。

とにかく言い出したからにはなんとか作品が出来上がるまで、
頑張りたいなと。

あ、言い出したからにはといえば、、
たしか年初のコラムでNYの演劇を観に行く宣言もしてしまっている。。汗

このままだと言ったのに何もやらない
有言虚行なんていう新たな言葉をぶつけられてしまう。
一つ一つクリアしていきたいと思います。


まず近くは6月にメンソウル本公演を控えてます。
準備に稽古に励んで参ります。

どうぞ渾身のメンソウル舞台にご期待ください。
近日詳細をお伝えします。
Date: 2017/04/24(月)


成り下がり?

皆様。お久しぶりでございます。
メンソウルのダンゴムシ横山です。

いよいよ、春が訪れ桜のシーズンを迎え、私も穴の中からくるまっているこの身を伸ばしモゾモゾと動き出そうとしています。

…いや。これを言ってしまうと座長には遅いと怒られゴウさんには蝮の様に詰められそうなのでさらに倍速でモゾモゾと動き出そうと思います。

先週のルーキー清田のコラムを読みましたがなかなかの人生経験をしているので負けられないと勝手にライバル心をむき出しにしております。

さて、一番最初のコラムでもお書きしましたが私、こんな顔面ながら20歳から夜の商売に足を入れました。
当時はメンズエッグと言うギャル男雑誌を愛読しており、髪を伸ばして鼻にはピアス、肌を日焼けサロンで焼いており端から見るとなちゃってギャル男に見えてたと思います。
中学生の時はお恥ずかしいですがチャンプロードを愛読していました笑

私は昔から、いや、今でも自分はカッコいいと思っておりその変な自信が少しずつ壊れ始めてきた時期でもありました。

最初に働いたのは地元のサパークラブで給料はホストと同じく売上制のお店でした。

このお店から私は勘違い野郎の一歩を踏み出してしまったのです。

ある日、お店にその街で一番の大ママさんがママさんの従業員の女の子3人を引き連れ遊びに来て頂けました。

私は前髪をふーふー息を吐きながらその方の前に付き接客を始めました。

前髪が垂れてきたら左右に首を揺らし邪魔になった前髪をどかしながら接客をしていました。

60歳を越えていそうな貫禄のある風貌。
黒柳徹子さん張りの整えられた素敵な髪。
目尻に皺が寄り笑顔もチャーミング!

その卓の雰囲気はまさにドラマで見るような品の溢れる卓になっていました。

それが時間が経つにつれどんどん私の扱いが二枚目から三枚目?とにかくいじられました。

不細工が格好つけるな醜い!飲め!
さっきから首揺らしすぎ!飲め!
五流の近藤真彦!飲め!
脱げ!汚い!租○○!飲め!笑わせろ!面白くない!飲め!租○○!気色悪い!昭和顔!豆!豆!豆!豆!租○○!

アイスペールに注がれる鏡月。
誰も助けに来てはくれない。
その日歌わされたのは紅…

吐きながら、記憶も曖昧ながらその日は乗りきり後日、ママさんのお店にお礼がてらに遊びに行きました。

この雪辱は必ず果たしてみせる!


ママさん指名で店内へ。田舎にしてはなかなかの高級クラブ。場違いの二十歳の糞ガキ。

緊張しながら席に座り大ママを待つ。
暫くして席に着いた大ママは僕にとって自分のあり方、今も心の中で大事にしている言葉を言って頂けました。

「あなたは自分が思っているほどいい男ではない。でも、あなたは必ず、人に恵まれ仲間に支えられる。どんな職業に就いてもどんなに辛い時でもいじられている時こそ華がある。そこがあなたの強い所。鼻ピアスをとりなさい。髪を暗くしなさい。あなたは癒しが武器なの。」

うるっときました。格好をつければいいと思っていた職業で否定され性格は誉められ人間は見た目が9割という概念を覆されました。

会計は14万。ぶるっときました。

そんなこんなで私は十数人いるお店の中で、ナンバー2.3位を保ちながら調子に乗りホストの聖地、歌舞伎町に進んだのです。

…全然、重要のホストの話はしていませんが長くなるのもどうかと思いますのでまた後日、その後をお話したいと思います。

という、男の世界の話を致しました。

そして、重鎮の杉本さんなのですが11日より中野BONBONでjust do it  やるっきゃないの脚本、演出をしておられます!

なんと主演はMAXのナナさん!!

いつもは男ばかり。今回は8割り方女性です。
女性の格好よさ、可愛さが詰め込まれています!

あれ?私がこんな事を言ってもいいのかな。
いいんです。素直に微笑んでしまい笑ってしまい泣いてしまいます。

是非とも、チェックして下さい。

そして、やはり私は格好いい!




Date: 2017/04/11(火)


バックパッカーVSゲイ
メンソウルに入りあっちゅう間に1年が経過しました。


清田悠聖です。


杉本団長の脚本・演出 舞台『just do it!〜やるっきゃない! 〜』の公演も間もなく始まります。稽古場を見学や女の子の代役、音出しなどを手伝わさせて頂いてまして、たくさん勉強させて頂いております。初舞台の若い女の子たちが多いのですが、感動しまくりで何度も鳥肌が立っております。


ということで、本番直前で大変忙しい杉本座長に代わり、坪内さんの次に僕のコラムを書かせて頂いてます。


さーて、今回のコラムは前回書き損じたバックパッカーゲイの旅をかかせていただきます。



僕は19歳の時に、上京してお金を貯めてアメリカに7ヵ月間一人旅をしていた。



西海岸を縦断してる最中の話。

シアトルから旅を始め、アムトラックという電車に乗って南部の方へ向かった。

目的はメキシコに歩いて入国することで、日本のパスポートは「魔法のパスポート」っと言われるくらい色々な国にビザ無しで入国できる。

しかし、その頃のメキシコのアメリカとの国境の街ティファナではギャング争いが勃発しておりニュースでも人が銃殺されたという事件がよく流れていた。宿で出会った人からは行くことをとめられていた。


そんな中、逆に僕はなんとしても行きたいと思ってしまいアメリカのメキシコとの国境の町サンディエゴでアムトラック(電車)を降りた。


そこで、早速事件は起きた。


アムトラックから小さな電車に乗り換える最中、自動販売機でチケットを買おうとしている時、10mほど離れてる所に40歳くらいのメキシコ系の背の低い小太りの男性(カルロス仮名)が僕の方を熱っぽい眼差しでずっと見つめていた。


なんやろか??


っと思いながらチケットを買う段取りをしていると、突然白人の男性(30歳くらいで長身でスキンヘッド)が僕に声をかけてきた。

凄く気さくな方で、僕に高いテンションで適当な会話をしてきた。会話の中で僕が日本人だと知ると、カタコトな言葉で「コンニチハ、コンバンワ、イラッシャイマセ」っと知ってる日本語を並べてきた。?


なぜか僕は、日本語を聞いたことにより少し心を許し自販機の前で会話を楽むことがてきた。会話しながらその彼もチケットを買おうとしていた。すると彼が、「あれ?やべ、金がない。。。ごめんちょっと10ドルくれん?(英語)」っと言われ。突然の展開に驚いた。


あっ。。。そのためだったのか!?これが詐欺!?


さっきまで優しかったおじさんが突然怖く見えてきた。

あかん。。。でも10ドル渡したくない。。。っと思い、とっさに「今は2ドルしかないけん、あんま力になれんでごめんねー」っと言い、2ドルだけ渡した。


このおじさんはこれで撤退して行った。
アメリカの怖さを実感した瞬間だった。
2ドルで満足してくれるハゲでよかった。



それから、次に来た電車に乗り、宿泊先の海辺のユースホステルの近くにむかった。翌日にティファナに乗り込もうと考えてた。


電車に乗り込むと、なぜかさっき僕を見つめてたカルロス(仮)が僕の近くにいて先程よりもとろんとした眼差しで僕を見つめている。


こわ、、、、なんなん?


っと思いながら知らぬふりをして、電車を乗り換えた。


まぁただ見とっただけやろっこれで一安心だと思った。


しかし、現実はそうは甘くはなかった。


カルロス(仮)がまた同じ電車にいて先程のら眼差しに卑猥さが20%増量し僕を見つめている。



こりゃあかん。。。。


どうしよ。。。


少し怖くなった。


いろいろ考えた結果、こんだけ大人数の乗ってる電車中なら大丈夫であろうっと思い恐る恐る彼に話しかることにした。


『すんません。ついてこないでください(英語)』


すると彼は『英語わからない』っと答えた。


メキシコ人でスペイン語しか話せない人が多いと誰かが言ってたことを思い出した。


なので、前に座っている、おばあさんに通訳をしてもらい何とかついてこないように伝えてもらうことにした。


すると、僕を見ることをやめキョトンとした僕の側から離れていった。


よかった〜っと思い、電車を降りてその駅の周りを観光した。一応、念には念をと背後はこまめに確認は怠らなかった。

二時間くらいふら〜っと歩き回って、日が落ちてきたのでバスに乗り込みユースホステルへ向かった。

バスは10人くらい人が乗って奥の方の席の窓際に座る。

車が動き出すと同時に肩をポンポンと叩かれた。



。。。。



カルロス・・・・・



目の前にいたのは彼。。。。おわた。。。


そして彼は僕に小さな紙を渡してきた。


その紙には汚い字で
『can i seat your next(横に座っていいですか)』



っとだけ書かれている。



は???



僕はとっさに
『never』っと答えた。



僕は思考を働かせた。このままやったら次に降りたとこで犯されしまう。


僕の処女が奪われる。そして殺されてまう。


嫌や。そんな人生嫌や。


まだワンピースもバガボンドも完結してないのに。

このバスを降りたら一人で歩いて宿に向かうのみ。このバスを降りたらやばい。。。

思考をめぐらせ、僕はそのバスの車内の前の方に行き、同じ所に向かう人いませんか??っとみんなに話しかけた。




結果





いた。救世主が。


スイスランドのバックパッカーの人が同じユースホステルに泊まると言うことで、その方と共に目的地に向かい無事に、カルロスを追い払うことができた。

怖い。。。。

アメリカサンディエゴ怖い。


僕はこの出来事によりメキシコ行きを容易に諦め、付近の放浪に時間を費やした。何であんなに行きたがってたか今では意味がわかりらない。僕はあほでした。すみません。


実際はゲイだったかどうかは確認したわけではないので、もしかしたら普通に対応したら将来親友になれたやも知れない。
役者としてはもっと攻めるべきだったのではと少し後悔も残るが、カルロスはスペイン語は話せないのでそれは良しとしよう。。。



カルロスさんごめんなさい。そしてありがとう。

アディオス
Date: 2017/04/03(月)


最悪
マジですか…。
ほんとにすみません。

…。

え?

いや、マジですか…!
ほんとにすみません!!

何だかんだあったとはいえ、自分が止めていたコラムが、
何と、ひと月近くに…。

ほんとにすみません。

いや、2月はちょっと短いですからね…。
あれですが…。

ほんとにすみません。

誰に一番謝るべきか混乱していますが、
とにかくほんとにすみません。

いやでもマジですか…。
いつのまにかそんなに経ってしまってるとは。

正直にいうと、自分の番が来ていることに気付いたのが、二週間くらい経ってしまってからでして、「やばい!」とは思っていたのですが、最近のメンバーのコラムさえ読んでなかったということで、自分のことはさておいて、ざっと目を通したところ、山田は相変わらず長いので途中でパス、大塩はしかしトランプさんの髪型のことを何回書くのか?どんだけ気になるのか?が気になり、仲田に関してはイケてる気がする割には「iPhoneから送信」というオチを、気がつけばひと月近くコラムのトップに置き続けてしまっておりました。

最近、一つ二つやる事が重なると、三つめ四つめはすぐ忘れます。
五つめ六つめはもう無かったことになっています。

次回は「やっと厄年があけました!」的なことを書こうかと思っていた矢先にこの不始末です。

ほんとに申し訳ありません。

そしてようやく更新しようとPCに向かっても何も浮かんで来ません。

多分、脳のストレージがいっぱいになっているので、月々130円で50GB増やさないといけないんだと思います。

はい、とにかく、これ以上止める訳にはいきませんので、
何とか更新しますが、いきなりですが、今後の劇団活動情報としましては、

座長・杉本が脚本・演出する舞台「Just do it !」が4月にあり、こちら女性メインの素敵なお話で、主演はMAXのNANAさんです。
自分もスタッフで関わらせてもらっているので稽古場でお会いしておりますが、ほんとにお綺麗です。そして他のキャストの皆さんもとてもチャーミングです。日々ニヤニヤしております。あ、いや、してません。心の中だけです。
ただ、こちらチケットなどはもうほぼ無いようで…。

そして、6/28〜7/2で、いよいよ、メンソウル第17回公演を行います。
久しぶりの本公演ということで、こちらまた詳細はHP等でお知らせしますが、
2017年に17回目の本公演ということで、何だか縁起がいいですね!演技もいいかと!

何だか告知もうまく書けません。

心が折れまくってまして、ひとつお許しいただけたらと思います。

色々と頑張らなくてはいけませんので、落ち込んでる暇はないのですが、そういう訳で?
わたくしのせいでかなり更新が滞ってしまっておりましたが、皆元気にしておりますので、
今後も引き続き何とぞご支援のほどをよろしくお願い申し上げます。

丁寧な感じでごまかしてもダメですか?

ダメです。

月並みですが次回また頑張らせてもらいます。

ほんとにすみませんでした…!!
Date: 2017/03/07(火)


ナンクルなるさん☆
今年の自分はなんかイケる!

と、まるで10代か?と思うくらい、根拠の無い自信に溢れている。

多分、まだ年初めで、且つ、この時期いつも感じている、というか、思い込もうとしている例年通りの事なんだろうが笑。

で、年末に近づくに連れて、その思いは失速していく…みたいな。

ふと思ったのだが、自分がいまだ役者を続けているのも、10代の頃の根拠の無い自信と大志を胸に、長い勘違いから醒めて無いだけなのかもしれない。

だがしかし。

今年の自分は何かが違う!

…気がする。

その根拠も、何か、も全くもって説明出来無いのだけれど、俺は大丈夫!という感覚が、ある。

ひとつ心あたりを挙げるならば。

禁煙 始めました。

ヘビースモーカーだった父親を反面にして、成人しても嗜まなかったのだが、俳優養成所時に充てがわれた役がヘビースモーカーの役で、そっから自分の喫煙ライフが始まった。

それから20年も経て、人生の半分以上も吸ったし、近年、喫煙者にとって世知辛い世の中になったことや、タバコの束縛…というか、タバコに囚われるのは色々とロスが多いなぁ…とここ最近感じていた。

とはいえ実は約11年前、長男を授かった時に一度、禁煙を試みている。

その時は確か、丸3ヶ月禁煙して、

あ、こりゃぁオレはいつでも禁煙できる!

と思い、結局復活し、家人達や世間様の蔑視にも負けず、そのままスパスパと吸い続け、現在に至っていた。

のだが、去年、ある役者仲間から、寅さんこと渥美清さんが、大好きなタバコをやめる代わりに役者の成功を願掛けし、実際願いが叶ったと云われている神社がある…との話を聞き、ある考えが閃いた。

今年の初詣は、そこだ!と。

オレもタバコをやめて、役もゲットして、一石二鳥ライフを送ってやる‼

と、思いっきり邪な想いを胸に行ってきました、1月2日に。

それ以来、タバコを吸ってません。

当たり前ですが、別段、生活に変化はありませんです、はい。

しいて挙げれば、大きい便の方が、切れにくくなったことですかね。

ホント、和式なら、Dr.スランプ アラレちゃんで描かれるヤツくらいorマザー牧場で食べた、ソフトでクリーミィなアイスなヤツくらい。

作れそうです。

そして想うのです、ウンが切れにくくなったなぁ…と。

だから、ですかねぇ…。

ま、どうか皆さん、この話は、水に流して下さい…。

年始から、ツマラナイ話…という話。

iPhoneから送信
Date: 2017/02/09(木)


過去のコラム/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND


WEBLOG


PAGE TOP