杉本出演 映画『マンハント』

杉本出演!

 

映画 マンハント
2月9日(金)より全国ロードショー

 

一昨日より全国公開されている、世界の巨匠ジョン・ウー監督、チャン・ハンユーと福山雅治のW主演の話題作「マンハント」に、我らが団長杉本が出演!
言わずと知れたこの超大作において、果たしてどのような役所を演じているのか?!

「圧倒的な熱量!衝撃のサスペンス・アクション日本上陸!!」

非常に楽しみな今作。
是非劇場にてご確認願います!

 

 

【ストーリー】
酒井社長(國村隼)率いる天神製薬の顧問弁護士であるドゥ・チウ(チャン・ハンユー)がパーティの翌朝、ベッドで目を覚ますと、社長秘書・希子の死体が横たわっていた。
現場には自身の指紋が付いたナイフが置かれるなど、突如として殺人事件の被疑者となった彼は、何者かにハメられたことに気づき、その場から逃走。
そんなドゥ・チウを大阪府警の敏腕刑事・矢村(福山雅治)は、新人の部下・里香とともに独自の捜査で追っていく。
カギとなるのは、天神製薬研究員だった婚約者を3年前に失った謎の美女・真由美(チー・ウェイ)。
次々と警察の包囲網を潜り抜けていく被疑者に近づくほどに、この事件に違和感を覚え始め、次第に見解を変えていく矢村だったが、ついに真由美の実家である牧場にいるドゥ・チウを捕らえることに成功。
だが、手錠をかけた彼とともに、女殺し屋・レイン(ハ・ジウォン)たちからの襲撃に立ち向かった矢村は、彼の無実を確信する。
何者かによって捜査が妨害されるなか、身分や国籍を超えた“強く熱い絆”が芽生えた2人はともに手を組み、事件の真相に立ち向かうことを決意する。
だが、そこには恐ろしくも、巨大な陰謀が待ち受けていた――。

 

【キャスト】
チャン・ハンユー
福山雅治
チー・ウェイ
ハ・ジウォン
國村隼
竹中直人
倉田保昭
斎藤工
アンジェルス・ウー
桜庭ななみ
池内博之
TAO
トクナガクニハル
矢島健一
田中圭
ジョーナカムラ
吉沢悠
杉本凌士  他

 

【スタッフ】
監督:ジョン・ウー
原作:西村寿行「君よ憤怒の河を渉れ」(徳間書店)
制作:ゴードン・チャン / チャン・ヒンカイ
撮影監督:石坂拓郎
美術監督:種田陽平
音楽:岩代太郎

 

【公式サイト】
http://gaga.ne.jp/manhunt/sp/

 

原題:追捕 Manhunt/2017年/中国/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/110分/
字幕翻訳:水野衛子 配給:ギャガ

カテゴリー: 出演情報 | コメントをどうぞ

新年明けましておめでとうございます

 
昨年も大変お世話になりました。
本年も是非皆様に喜んでいただけるような、男魂カラー溢れる、決して期待を裏切らない作品作りに精進して参りたいと意気込んでおります!
劇団メンバーの外部・映像での活躍にも是非ご期待・ご注目下さいませ!!

今年も一年、劇団男魂を何卒宜しくお願い致します。

 

2018年元日  劇団員一同

カテゴリー: お知らせ, その他 | コメントをどうぞ

杉本演出・脚色 舞台『啓江座 音・劇 「町内会 マンション建設反対編」』

杉本演出・脚色!

 

 

舞台
第2回中島啓江 メモリアル公演
啓江座 音・劇 「町内会 マンション建設反対編」
2018年1/30(火)・31(水)
日本橋公会堂(日本橋劇場)

町内会_オモテ

 

町内会_ウラ

 

 
団長杉本が演出・脚色を担当!
元タカラジェンヌのあづみれいかさん、鞠村奈緒さん、男魂作品でお馴染みの及川いぞうさん他、実力・魅力に溢れる豪華キャスト陣が大集結!
そして圧倒的な歌唱力による音楽劇×杉本ワールドのコラボレーション☆
2日間限定、開幕が非常に楽しみな計3回のみのプレミアムステージ!
チケット売上も好調との噂も!!
是非チェックの程、よろしくお願い致します!

 

《あらすじ》
新練馬町(架空)に住む、近所の合唱団で歌っている川口一子(かわぐち かずこ)は、どこにでもいるような平凡な主婦。
近所には、町内の憩いの場所である小さな公園がある。その公園を取り壊し高層マンションが建つことになり、町をあげて反対運動を始めた。
町内会の会議での一子の一言から町内会がひとつになり

 

《出演者》
あづみれいか
鞠村奈緒
及川いぞう
内田雅人
工藤将
浅山裕志
大石菊華  他

 

《スタッフ》
プロデューサー: 岡田秀春
演出・脚色: 杉本凌士
脚本  : 大石菊華
音楽監督 : 工藤将
原案   : 啓江座プランニング
アシスタントプロデューサー: 佐藤史治/秦雪絵
舞台監督 : 比嘉正哉
舞台美術 : 角浜有香
照明 : 日下靖順
音響 : 眞澤則子

 

 

《スケジュール》
2018年1月
30日 15:00 / 19:00
31日 14:00

 

《劇場》
日本橋公会堂(日本橋劇場)
〒103-8360 中央区日本橋蛎殻町一丁目31番1号 日本橋区民センター内

■東京メトロ
半蔵門線「水天宮前」駅 6番出口から徒歩2分
日比谷線「人形町」駅 A2出口から徒歩5分
東西線「茅場町」駅 4-a出口から徒歩10分

■都営地下鉄
浅草線「人形町」駅 A3・A5番出口から徒歩7分

■中央区コミュニティバス(江戸バス)
北循環25 「日本橋区民センター」 下車0分

※ホール(観客)・集会室用の駐車場はございません。お車でのご来場はご遠慮ください。

 

《料金》
全席指定 5,500円(12/7から発売)
※未就学児童入場不可

 

《チケット販売日》
2017年12月7日(木)より販売中
チケットぴあ
〔Pコード〕482496
〔電話予約〕0570-02-9999
〔インターネット予約〕t.pia.jp
〔店頭販売〕セブンイレブン・サークルK・サンクス・チケットぴあ店舗

 

《主催・制作》 株式会社ピュアハーツ
《後援》 NPO法人 音楽で日本の笑顔を
《協力》 劇団メンソウル / パーツスタジオ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

映画『勝手にふるえてろ』 仲田出演映像が公開!

【映画『勝手にふるえてろ』情報、追加案内!】

 

 

いよいよ来週土曜日(12/23)より公開の話題作!
仲田出演の映画、『勝手にふるえてろ』より
この度、新たな情報を入手!!

 

なんと・・

 

劇中での仲田の役どころと出演映像が明らかになりました!!

 

果たしてどんな紹介記事・映像が掲載されているのか?!
是非公開前にチェックの程よろしくお願い致します☆

 

 

気になる紹介記事はこちらから
http://realsound.jp/movie/2017/12/post-138981.html/amp?__twitter_impression=true

 

仲田出演映像はこちら

 

 

 

『勝手にふるえてろ』
12/23(土・祝)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー
配給:ファントム・フィルム (c)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会(日本/5.1ch/カラー/117分)

【公式サイト】 http://furuetero-movie.com/

 

カテゴリー: 出演情報 | 1件のコメント

新劇団員「黒木俊穂」情報更新

新劇団員「黒木俊穂」情報をUP!

 

宮崎県出身の彼の入団により、更に九州色が強くなったメンソウル!
劇団員9人体制で、より精進して参りますので、今後とも劇団男魂をよろしくお願い致します!!

 

黒木のプロフィールは

HPのメニュー「MEMBER 劇団員」より確認願います☆

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ

仲田出演 映画『勝手にふるえてろ』

仲田出演!

映画勝手にふるえてろ
12月23日(土)より
新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー

勝手にふるえてろポスター表

勝手にふるえてろポスター裏年末にビッグニュース到来!
ついに情報解禁の話題作に、なんと仲田が出演しております!
見所はなんといっても・・・いえいえ、まだ語れませんっ!!
でもきっと皆様のご期待に添えるものになっているのではないでしょうか。

芥川賞作家 綿矢りさの真骨頂!妄想力爆発の恋愛小説の待望の映画化。
公開がとても楽しみな今作☆
是非チェック願います!!

 

【ストーリー】
24歳のOLヨシカは中学の同級生“イチ”へ10年間片思い中!
過去のイチとの思い出を召喚したり、趣味である絶滅した動物について夜通し調べたり、博物館からアンモナイトを払い下げてもらったりと、1人忙しい毎日。
そんなヨシカの前へ会社の同期で熱烈に愛してくれる”リアル恋愛”の彼氏“ニ”が突如現れた!!
「人生初告られた!」とテンションがあがるも、いまいちニとの関係に乗り切れないヨシカ。まったくタイプではないニへの態度は冷たい。
ある出来事をきっかけに「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」と思い立ち、同級生の名を騙り同窓会を計画。
ついに再会の日が訪れるのだが・・・。

”脳内片思い”と”リアル恋愛”の2人の彼氏、理想と現実、どっちも欲しいし、どっちも欲しくない・・・
恋愛に臆病で、片思い経験しかないヨシカが、もがき、苦しみながら本当の自分を解き放つ!!
ラブコメ史上最もキラキラしていない主人公の暴走する恋の行方を、
最後まで応援したくなる痛快エンターテインメントがついに誕生!!

 

【キャスト】

松岡茉優
渡辺大知 石橋杏奈 北村匠海
仲田育史
古舘寛治 片桐はいり 他

【スタッフ】

原作:綿矢りさ『勝手にふるえてろ』文春文庫
監督・脚本:大九明子
音楽:髙野正樹
主題歌:黒猫チェルシー「ベイビーユー」(Sony Music Records)
企画協力:文藝春秋
制作プロダクション:ホリプロ

【公式サイト】 http://furuetero-movie.com/

 

『勝手にふるえてろ』
12/23(土・祝)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー
配給:ファントム・フィルム (c)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会(日本/5.1ch/カラー/117分)
カテゴリー: 出演情報 | コメントをどうぞ

横山出演 舞台「クリスマスアラカルト」

横山出演!

 

舞台
Algiidクリスマスパフォーマンス vol.6
『クリスマスアラカルト』
2017年12月3日(日)
清澄白河 The Fleming House

DOwlWVGU8AAagIP

 

夜の部の1作品、朗読劇『プレゼントボックス』に出演!
今公演は必要経費以上のチケットの売上を寄付予定のチャリティー公演とのこと!

開催間近、1日限りの注目のステージ!
横山がどう魅せてくれるのか!?
開演前&終演後等に東北プチ物産展も開催予定。

是非よろしくお願い致します!!

 

『プレゼントボックス』
くすっと笑えたりちょっとうるっとしたりなショートストーリーをお届けする「コトバコ」。
今回はクリスマスに受け紡がれてゆく5つの箱の物語。

脚本:宮元多聞
演出:真宮ことり

【出演】
真宮ことり(コトバコ)
横山貴之(劇団男魂)
福来千里
池田早苗
池田瑞穂

 

【日時】
2017年12月3日(日)
昼の部:13時/15時30分開演
夜の部:19時(←横山出演は夜の部のみ)
※開場は開演の30分前です

 

【会場】
The Fleming House
〒135-0022 東京都江東区三好2-6-10
info@fleminghouse.jp
(東京メトロ半蔵門線/都営大江戸線「清澄白河」駅より徒歩6分)

 

【チケット代】
〈昼の部〉
『トナカイくんのクリスマス – Go for it ! – 』
大人2,000円 小人(中学生以下)1,000円 お土産付き!
年齢制限なし。膝上でOKなお子様は無料!
上演予定 約45分間。

〈夜の部〉
『croire』
『プレゼントボックス』
『けんじのゆめ』
大人・小人共に 3,000円
(未就学児童不可。※但し暗いところが大丈夫なお子様は同伴可)
上演予定 約100分(※途中入退場不可)

〈昼&夜の部通しチケット〉
大人 4,500円
小人 3,500円

カテゴリー: 出演情報 | コメントをどうぞ

杉本出演 映画「わさび」 延長上映決定!

杉本出演

 

 

映画 「わさび

 

8/26より渋谷ユーロスペースにて上映中の今作!
元々2週間限定上演の予定でありましたが・・
1週間延長し、
9/15(金)まで上映される事になりました!

 

『わさび』はもちろん、同時上映の『春なれや』『此の岸のこと』も大変見応えあるオススメの感動作です☆
ストーリーの重要人物を見事務めている杉本の演技にも是非ご注目下さいませ!!

 

【劇場】
渋谷ユーロスペース
東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 3F
TEL:03-3461-0211
http://www.eurospace.co.jp/

【劇場への行き方】
「渋谷駅ハチ公前」 → 「109」の右側の文化村通り → (約3分)→ 「東急本店」と「ドン.キホーテ」の間 → 「Bunkamura前交差点(松濤郵便局前)」を左折 → 60m先右側【上映時間】21:00~22:35
【入場料金】
一般1800円/大学・専門学校生1400円/会員・シニア1200円/高校生800円/中学生以下500円

 

【公式HP】
http://haru-wasabi.com/

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

「エントレ」にて『航路』公演情報掲載!

エンタメ情報サイト「エントレ」にて
第17回本公演 『航路』 公演情報が掲載されました!

 

エントレ
「愛すべきダメ男」たちを描き続ける劇団男魂(メンソウル)「航路」/8月23日(水)から中野 ザ・ポケットで上演
http://entre-news.jp/2017/07/41076.html

koro_01

 

気になる詳細は是非上記URLから確認願います☆

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ

「ステージナタリー」にて『航路』公演情報掲載!

舞台情報サイト「ステージナタリー」にて
第17回本公演 『航路』 公演情報が掲載されました!

 

ステージナタリー
劇団男魂が生の挫折と再生を描く、劇団史上“最も静かなる作品”「航路」
http://natalie.mu/stage/news/241694

劇団男魂

 

気になる詳細は上記URLから確認願います!

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ